2011/06/19 日記 父の日の薔薇 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2011/06/19 日記 父の日の薔薇
2011-06-19 (Sun)  19:30

2011/06/19 日記 父の日の薔薇

2011/6/19 (日) 旧暦: 5月18日 祝日・節気: 父の日 日出: 4時25分 日没: 18時59分 月出: 21時29分 月没: 7時35分 月齢: 17.25 干支: 乙巳 (いつし,きのとみ) 六曜: 仏滅 九星: 九紫火星


今日の季語: 父の日


 



(Gigazune より転載)


『父の日(ちちのひ)は、父に感謝を表す日。日本においては6月第3日曜日


 概要
1909年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッド[1](Sonora Smart Dodd)が、彼女を男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われている。彼女が幼い頃南北戦争が勃発。父、ウィリアムが召集され、彼女を含む子供6人は母親が育てることになるが、母親は過労が元でウィリアムの復員後まもなく亡くなった。以来男手1つで育てられたが、ウィリアムも子供達が皆成人した後、亡くなった。


最初の父の日の祝典は、その翌年の1910年6月19日にスポケーンで行われた[2]。当時すでに母の日が始まっていたため、彼女は父の日もあるべきだと考え、「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して始まった。


1916年、アメリカ合衆国第28代大統領ウッドロー・ウィルソンは、スポケーンを訪れて父の日の演説を行い、これにより父の日が認知されるようになる[2]。


1966年、アメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンは、父の日を称賛する大統領告示を発し、6月の第3日曜日を父の日に定めた。1972年になり、アメリカでは正式に国の記念日[3]に制定される[2]。


母の日の花がカーネーションなのに対し、父の日の花はバラ。ソノラ・スマート・ドッドが、父の日に父親の墓前に白いバラを供えたからとされている。[要出典]1910年の最初の祝典の際には、YMCAの青年が、父を讃えるために、父が健在の者は赤いバラ、亡くなった者は白いバラを身につけたと伝えられる[2]。
...』(Wikipedia)



父の日の俳句:


・父の日や荷に必着と貼られあり 佐藤蒼林


・穴ひとつ詰め父の日の革ベルト 長谷川鉄夫


・手紙添へ父の日に着く育毛剤 北原勝彦


・父の日の加賀鳶の封切りにけり 高澤良一


・「マドマゼルフィフィ」父の日に贈る薔薇 木村茂登子


・父の日の父に付き合ふパチンコ屋 稲葉禮野


・酌みかはす子が来て父の日となれり 戸来正恵



日本でも母の日のカーネーションは、自然に行われている。
だが、父の日に赤い薔薇、白い薔薇は定着していない。


佐藤の荷は判らないが薔薇ではなさそうだ。
日本では、革ベルト、育毛剤、日本酒 父の必要なものばかりだ。
木村だけが薔薇と書いているが花ではなくて、スイーツかもしれない。
 日本の父の日には薔薇は似合いそうもない。


「する」ことで生きてきた父は、「もらう」ことには慣れていない。
 パチンコに付き合ってくれたり、飲んでくれたりすれば、それで充分なのだ。



 

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可