2011/06/23 日記 慰霊の日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2011/06/23 日記 慰霊の日
2011-06-23 (Thu)  20:56

2011/06/23 日記 慰霊の日

2011/6/23 (木) 旧暦: 5月22日 祝日・節気: 下弦 日出: 4時25分 日没: 19時00分 月出: 23時22分 月没: 11時27分 月齢: 21.25 干支: 己酉 (きゆう,つちのととり) 六曜: 友引 九星: 四緑木星


今日の季語: 慰霊の日、沖縄忌


 



(国立療養所 沖縄愛楽園 より転載)



『概要
1945年6月23日に沖縄戦の組織的戦闘が終結したことにちなんで、琉球政府及び沖縄県が定めた記念日である。復帰前は、住民の祝祭日に関する立法(1961年立法第85号)に基づく公休日とされた。


1972年の本土復帰後は日本の法律が適用となって慰霊の日は休日としての法的根拠がなくなったが、1991年に沖縄県の自治体が休日条例で慰霊の日を休日と定められたことによって、沖縄県内では法的に慰霊の日が休日となった。


ただし地方限定の公休日であるため、当該日が日曜日にあたっても翌日が振替休日にはならないが、過去には学校などによって翌日も休日になることもあった。そのため、国の機関以外の役所・学校等は休日となる。なお、国立大学法人である琉球大学は、1999年までは通常通り授業を行っていたが、2000年より授業は休講としている。なお、教職員などは国家公務員扱いのため休日とはならない。


毎年、この日には糸満市摩文仁の平和祈念公園で沖縄全戦没者慰霊祭が行なわれる。


経緯
1945年4月1日にアメリカ軍の沖縄本島上陸によって本格的に開始された沖縄戦は、第32軍司令官牛島満大将(当時は中将)をはじめとする司令部が自決した日をもって組織的戦闘が終結したとされている。この自決がいつあったのかについては、6月22日説と6月23日説があり、現在、沖縄県では6月23日説を採用している。どちらが本当に自決があった日であるかについては議論があり、1961年に当時の琉球政府が慰霊の日を定めた際にも、当初は6月22日としていたものを、1965年に6月23日に改めた経緯もある。現在は1974年に制定された「沖縄県慰霊の日を定める条例」により、「我が県が、第二次世界大戦において多くの尊い生命、財産及び文化的遺産を失つた冷厳な歴史的事実にかんがみ、これを厳粛に受けとめ、戦争による惨禍が再び起こることのないよう、人類普遍の願いである恒久の平和を希求するとともに戦没者の霊を慰めるため(条例第1条)」、6月23日を「慰霊の日」と定めている。


一方で、司令部が壊滅してもそれを知らされなかった兵士たちが抵抗を続けたため、散発的な戦闘は司令部自決の日以降も続いた。このため、慰霊の日を司令官自決の日と定めることに対して疑問を投げかける立場もある。たとえば沖縄市では、慰霊の日を休日とする一方で、同年9月7日に降伏文書への調印が行なわれたことから、同日を「市民平和の日」と定めている。


1962年から、この日には沖縄県が主催する沖縄全戦没者慰霊祭が行なわれ、沖縄戦犠牲者の遺族やその子孫などが集まり、式典中の正午には黙祷が捧げられる。また、この日は沖縄県平和祈念資料館が入場無料となる。』(Wikipedia)



慰霊の日、沖縄忌の俳句:


・慰霊の日礎の池に亀泳ぐ 山城久良光


・家族の靴洗い沖縄慰霊の日 和田浩一


・東京は雨なり沖縄慰霊の日 小林照代


・壁泉に蝶・蝶沖縄慰霊の日 田口美喜江


・抱き起こす母の重さを沖縄忌 白石みずき


66年前の今日、わずか3ヶ月間の間に、日米の軍属・民間人20万人の命が失われた沖縄戦が終わった。
 沖縄県民の4分の1、約10万人の犠牲の上に、沖縄戦は終わった。
 その日の沖縄の光景と、震災後の三陸の光景とよく似ているそうだ。
 震災で失われた生命と沖縄戦で失われた生命に手を合わせたい。


慰霊の日の俳句はあまり見つからない。
沖縄ではあまり俳句を作らないという人がいるがどうだろう。
確かに亜熱帯の沖縄は、本土に比べ季節感が乏しいことはある。


句作が少ないので、駄作ながら追悼の意を表したい。
 ・慰霊の日今日も礎(いしじ)に海の風
 ・沖縄忌島根の碑文独りよむ
 ・慰霊の日泡盛手向け礎前
 ・慰霊祭最後の年の慰霊の日
 ・南溟は今日もかわらず沖縄忌



 

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可