2011/06/29 日記 空梅雨 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2011/06/29 日記 空梅雨
2011-06-29 (Wed)  23:09

2011/06/29 日記 空梅雨

2011/6/29 (水) 旧暦: 5月28日 祝日・節気: ---- 日出: 4時27分 日没: 19時00分 月出: 2時17分 月没: 17時07分 月齢: 27.25 干支: 乙卯 (いつぼう,きのとう) 六曜: 友引 九星: 一白水星


今日の季語: 空梅雨


 



(家庭菜園我が家の庭畑 より転載)


『六月にはいると次第に太平洋方面の高気圧の勢力が強くなり、北の方の大陸の高気圧との間の前線、すなわち梅雨前線が形成されて梅雨に入ります。
 梅雨期に雨が多いと水害を受けますし、また逆に梅雨期に雨が降らず干ばつ気味だと干害を受けます。
 特に多量の灌漑水を必要とする稲作が行われている日本では空梅雨も心配の種です。ところで梅雨について梅雨の初めに雷鳴が聞かれる年には空梅雨になるということが言われています。


 雷は色々な原因で発生します。天気がよいと地面が夏の強い日射を受けてその上の空気が暖まり軽くなります。その為そこに強い上昇気流が起こります。この強い上昇気流が原因となっていわゆる熱雷が発生します。したがって梅雨の初めの頃に雷鳴がよく聞かれるのは、天気が非常によい証拠です。すなわち、太平洋高気圧の勢力が例年より早く強くなった年であり、こうした年には、空梅雨となる可能性が大きいと言って良いでしょう。』
(Let's 観天望気 より転載)



空梅雨の俳句:


・空梅雨に黄なるネクタイひるがへす 横山白虹


・空梅雨に鳴る水分の神の鈴 太田文萌


・空梅雨の熟れを早めて麦小粒 大熊輝一 土の香


・空梅雨の庭を掃く音隣より 岩沢猪子


・空梅雨の泡盛醸す倉暗し 小熊一人


日本酒は、寒造りが基本なので、梅雨に造ることはない。
泡盛は黒麹を使うので酸の生成力が強く、この時期の高温の中でも造ることができる。
 先日の沖縄は梅雨が明けて、酒造所の製麹場は汗が流れて伝うほど暑かった。
 小熊が暗いと詠む倉は黒麹が繁殖している蔵なのかもしれない。
 新里酒造や比嘉酒造のような清潔な酒造場もあれば、天井まで黒麹がびっしりと繁殖している酒造場もあった。


本当に暑い日が連続して続いている。
梅雨が明けてしまい夏本番ではないかと思われる暑さだ。
空梅雨は農作物の大敵だ。
大震災に加えて旱魃が来ないように、普通に雨の降る梅雨であって欲しい。



 

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可