2019/02/02  日記  雪間 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2019/02/02  日記  雪間
2019-02-02 (Sat)  18:57

2019/02/02  日記  雪間

2019/02/02 (土) 旧暦: 1228 祝日・節気:  日出: 640 日没: 1708 月出: 442 月没: 1447 月齢: 27.06 干支: 庚午 六曜: 先負 九星: 四緑木星


今日のあれこれ: 雪間

clip_image002
季語写真館
http://www.kigo-photo.com/%E6%98%A5/%EF%BC%92%E6%9C%88/%E3%80%90%E9%9B%AA%E9%96%93%E3%80%91%E3%80%90%E9%9B%AA%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%BE%E3%80%91
より転載




『雪間(ゆきま) 仲春

子季語: 雪のひま、雪の絶間
関連季語: 雪解
解説: 春、雪が溶けて地肌があらわになったところをいう。黒々とした土から蕗の薹や芹などが芽を出す。
来歴: 『俳諧御傘』(慶安4年、1651年)に所出。
文学での言及: 春日野の雪間を分けて生ひ出でくる草のはつかに見えし君かも 壬生忠岺『古今集』

(季語と歳時記)



雪間の俳句:


・むめが香や石もかほ出す雪間より  千代尼


・湖のほとりの雪間ひろびろと  高野素十


・雪間はや土をついばむ雀かな   大東由美子



今年は、雪の降り様がいつもとは違うようだ。
京都府の日本海側は、新年になれば根雪になるのが普通だが、今年は降って積もっても、続かず溶けてしまったそうだ。

例年なら、雪間ができるのは2月下旬なのだろうが、今年は場所によってはもう出来ているのだろう。

来週は節分・立春になる。
天気予報では、南から温かい風が入り気温が急上昇、3月並みの陽気になるそうだ

雪間は春の兆し。
春は一進一退で近づいてくる。




関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可