2019/02/04  日記  雪祭り - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2019/02/04  日記  雪祭り
2019-02-04 (Mon)  20:30

2019/02/04  日記  雪祭り

2019/02/05 (火) 旧暦: 11 祝日・節気: 旧正月、朔 日出: 638 日没: 1712 月出: 653 月没: 1727 月齢: 0.25 干支: 癸酉 六曜: 先勝 九星: 七赤金星


今日のあれこれ: 雪祭り

「大坂なおみ選手も登場! さっぽろ雪まつり開幕 (19/02/04)


https://youtu.be/g89cFsX4T0w




『【雪祭(り)】の意味

長野県下伊那郡阿南町新野 (にいの) の伊豆神社で、その年の豊作を祈って正月14日から15日にかけて行われる祭り。田楽や古風な猿楽などが夜を徹して行われる。《季 新年》

雪の多い地方で、さまざまな雪像や氷の彫像をつくって競ったりする観光行事。2月上旬に北海道札幌市で行われるものなどが有名。《季 冬》』
(デジタル大辞泉(小学館))



雪祭の俳句:


・札幌の星美しき雪祭  星野松路


・雪像に積る雪掃き雪まつり  内田柳影



今年の「第70回さっぽろ雪まつり」は、今日から大通公園とすすきの会場の雪像の展示が始まった。
つどーむ会場は、131日から始まっており、今日から大通・すすきの会場が始まり11日まで開催される。
今年も多くの人が楽しむことだろう。

「さっぽろ雪まつり」は自体は季語ではないので、雪祭を季語として句を詠む必要がある。

星野は札幌を入れているので「さっぽろ雪まつり」に違いないが、内田の場合は札幌以外と言えないこともない。
雪が積もると形が崩れてしまうので、雪像の手入れが必要なので、大きな雪像から考えれば札幌だろう。

雪まつりで冷えた身体を、がんがんの暖房で半袖になって、冷えたビールを飲むのが札幌のスタイルだった。
今は昔の話だ。




関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可