2012/03/15  日記  御松明 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2012/03/15  日記  御松明
2012-03-15 (Thu)  21:24

2012/03/15  日記  御松明


2012/3/15(
) 旧暦:223 祝日・節気:下弦 日出:551 日没:1748 月出:033 月没:1038 月齢:22.18 干支:乙亥 六曜: 赤口 九星:九紫火星

今日の季語: 御松明(おたいまつ)

clip_image002
(西陣屋 京ごよみ より転載)


『おたいまつ 2 【▽御〈松明〉】
三月一五日の夜、京都市嵯峨の清涼寺(釈迦堂)で行われる涅槃会(ねはんえ)の行事。大松明を焚()いて釈尊の荼毘(だび)のさまを再現するといわれる。[季]春。』
(weblio
辞書)


御松明の俳句:

・一山の僧の並びし御松明 山内 年日子

・御松明炎炎簷を照らしいづ 浅尾忠治

・御松明了へて嵯峨野に銀河濃し 岸本登志夫

・大松明の火の粉雪の粉鬼走る 松本竜庵

・厄落す顔重なりて御松明 田村愛子


御松明は、京都三代火祭り(五山送り火、鞍馬火祭、・嵯峨お松明(清涼寺))の一つ。
315日夜、豊作を祈願して、御松明」とよばれる火祭りが行われます。
朗々とつづく続経のうち、三基の大松明に火が点けられ、春浅い闇の空に炎が舞いあがりそうだ。

清涼寺(浄土宗)は、観光地としては珍しく、拝観料無料だそうで、境内には豆腐料理のお店や甘味処「大文字屋」もあるそうで、一度行ってみたいところだ。


今日から、テンプレートを変更した。
気に入ったものがなく、試行錯誤したが、
結局、「菜の花」になった。




関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可