2012/07/16  日記  夏の雲 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2012/07/16  日記  夏の雲
2012-07-16 (Mon)  22:47

2012/07/16  日記  夏の雲

2012/7/16() 旧暦:527 祝日・節気:海の日 日出:437 日没:1856 月出:152 月没:1630 月齢:26.5 干支:戊寅 六曜: 先勝 九星:四緑木星

今日の季語: 夏の雲

clip_image002
(LON 雲のように より転載)


夏の雲の俳句:

・飛騨に湧き信濃に流れ夏の雲 山崎秀月

・ふところに花こそ匂へ夏の雲 上島鬼貫

・夏の雲黄なる蝶々落しけり 長谷川かな女

・夏の雲女神は海に出て呼べる 石原舟月

・夏の雲まだ何周も走れさう 田口茉於


朝からどんよりと厚い雲に覆われた空。
薄暗いほどの光の無さだが蒸し蒸しと暑い。
歩いていると手の甲に汗が滲んでいる。

時折パラパラと雨が降ってくる。
空を見上げると黒い雲が来ている。
土砂降りになるかもしれない。
雷があれば逃げ込まなければ...
そんなことが何度も繰り返された。

昼を過ぎると、空は一変した。
厚い雲は切れ、青空が覗いた。
時間が経つに連れ、青空が広がった。

空を見上げると、青空の向こうに。
むっくりとした夏の雲が頭を白く輝かせていた。
暑いが蒸し蒸しとした暑さではなくカリッと焼きつくような暑さだ。

梅雨明けは先だとTVの天気予報感は話していた。
だが、目の前には明らかに夏の光景が広がっている。

今日も東京では脱原発デモが行われた。
10
万人を超える規模になったそうだ。




関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可