2012/07/29  第265回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その3) - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page ›     季節の美味しさと日本酒を › 2012/07/29  第265回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その3)
2012-07-29 (Sun)  23:50

2012/07/29  第265回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その3)


今日の楽しみの、もう一本の柱は楮の料理だ。
品格のある金賞受賞酒は、肴を必要としない。自己完結的な美しさのある世界。下手な料理を合わせると、ミスマッチになるおそれがある。だから、金賞受賞酒の肴は難しい。

楮さんが今日の出品酒に対し、どんな料理を出してくれるのか楽しみである。


【今日の料理】
品書きは用意されていないので、表現は筆者が勝手に書いたもので間違いがあるかもしれない。

<ゴーヤー・鰹節・ゴマの和え物>
clip_image002
ゴーヤーのほろ苦さが夏の減退した食欲を蘇らせる。
酒にも苦味が必要なのは、特に夏の酒。
ゴーヤーは夏の酒に合う肴である。

<冷製スープ>
clip_image004
冷やしたポタージュスープがカクテルグラスに入っている。
スープは冷たいがミルクの風味が立つもの。表面に青じその実と花が浮かせてあり、ほんのりとした紫蘇の香りを感じる。

<寿司三種盛り>
clip_image006
手前から赤パプリカ、シシトウ、ローストビーフ。薄味のトロリとした煮きりがかけられている。
赤パプリカは甘いパプリカの味と香り、さっぱりとした味。
シシトウは甘くはなくシャキシャキとした触感が楽しい。
ローストビーフは、添えられた山葵の風味が口に広がり、噛むほどに牛肉の旨味が出て広がる。これは美味しい。

<焼き茄子のお椀>
clip_image008
出汁の中に焼き茄子・焼きミニトマト・蓴菜が入っており葱の細切りが載せられている。
茄子の甘さ、ミニトマトの酸味、蓴菜の食感がコンビネーションされた夏のお椀。出汁はみりんの旨みと旨みを感じる。

<お造り三点盛り>
clip_image010
上がアワビ、左が金目鯛、下が鯵。山葵とカイワレのおひたしが添えられている。

clip_image012
つけダレは二種類。
左はアワビ専用のアワビの肝のタレ。肝を酒蒸しにし、酒と濃口を合わせたものらしい。肝の癖・臭みは全くなく旨みだけが取り出されている。
右は醤油ではなくタレで金目鯛と鯵用。説明は訊かなかったので印象だけ書くと、鰹だしと塩・味醂がベースだろうか。

金目鯛も鯵も美味しかったが、肝のタレをつけたアワビは、素晴らしかった。
コリコリとした食感のアワビにタレがホンワリとした癖のない旨みを添える。
これが金賞受賞酒によく合った。品の良い酒の世界を壊さない淡白な旨味と食感。
これは最も贅沢な取り合わせだった。

<鱧の南蛮酢>
clip_image014
鱧の揚げ物にズッキーニ・玉葱・人参を合わせて甘酢で締めてある。
ズッキーニはサクサクとした食感が面白い。鱧はモッチリとした食感だ。

<焼き物>
clip_image016
天使海老の塩焼きと穴子の塩麹の白焼き。
天使の海老は、ニューカレドニアで養殖されている高級海老だそうだ。シンプルな塩焼きがエビの甘さ・旨さと香ばしさを引き立てている。

ホンワリとした麹のふくらみが穴子に淡白な旨さを添える。

両方共吟醸酒の肴に合う

<鮎の柔らか煮>
clip_image018
柔らかく炊いてあるので頭から尻尾まで食べられる。
ホロホロとした食感と鮎の内臓のほろ苦さ、酢と薬味のサッパリ感が夏の味わいを感じさせる。これも無濾過生原酒ではなく吟醸酒によく合う肴だ。

<豚ロースの燻製>
clip_image020
香ばしい香りと豚肉の旨味を生かした薄味。
この肴は梵によく合った。

<冷やしうどん>
clip_image022
薄い出しに鰹節の味と香りが加わり、酢橘の香りが爽やか。

<デザート>
clip_image024
杏仁豆腐の上に赤いシロップが掛けられ赤い丸いフルーツが乗っている。
杏仁豆腐は、ミルクの風味がたっぷりで美味しい。沖縄のだいこんの花のプリンを思い出してしまった。
ミルクの余韻が快い。
赤いフルーツがよく判らなかったので、後で尋ねた処、巨峰を湯剥きして皮を除いたものとのことだった。


金賞受賞酒を並べるだけでも贅沢なのだが、その贅沢さにチューニングした夏の料理との取り合わせは、更に贅沢なものだった。
難しい吟醸酒の肴だが、今日のアワビの肝の造り、天使海老と穴子の焼き物、鮎の柔らか煮は吟醸酒にもよく合った。
もし同じ企画が行われれば再び参加したい贅を尽くした時間が楽しめる宴だった。


外に出るとまだ暑い。
岐阜で有名な甘味処赤鰐で豪華なかき氷を楽しもうという事になった。
行ってみると長蛇の冽、順番が回るのに2時間待ち。

残念ながら諦めることになったが、心残りはない。
今日は大吟醸と楮の夏の料理の贅沢さを十分楽しんだのだから...





【データ】

今日の出品酒が入手できる。
酒の中島屋
Tel
:058-262-2515
住所:岐阜県岐阜市吉野町1-1
サイト:
http://www4.ocn.ne.jp/~nakashim/


楮(こうぞ)
TEL
058-263-7799
住所:岐阜県岐阜市八幡町
35-2
営業時間:11:3014:00 17:30
22:00
ランチ営業、日曜営業

定休日:無休
予約:予約可
駐車場:無


関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可