2013/06/25  日記  水羊羹 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2013/06/25  日記  水羊羹
2013-06-25 (Tue)  20:43

2013/06/25  日記  水羊羹

2013/6/25() 旧暦: 517日 祝日・節気: 日出: 426分 日没: 1900分 月出: 2026分 月没: 614分 月齢: 16.46 干支:壬戌六曜:先負九星:八白土星

今日の季語:水羊羹(みずようかん)

clip_image002
(本生水羊羹 たねやHP より転載)

『水羊羹の起源は定かではありませんが、初めて「水羊かん」と菓銘が記されているのは延享3 (1746) です。その後安政3 (1856) の資料に水羊羹の原材料として「小麦のこ」「葛のこ」とあり、この当時の水羊羹は葛と小麦粉が使われていたことがわかります。後年、寒天を主原料とした現在のような水羊羹が広まり、今では代表的な日本の夏菓子になっています。』(とらやHP


水羊羹の俳句:


 


・さつぱりと晴れし安曇野水羊羹 舩戸しづか


 


・笹の葉を敷き自家製の水羊羹 杉山三知子


 


・皿くもるまで冷やされて水羊羹 山片孝子


 


・水羊羹行儀正しき夫婦かな 大場白水郎


 


・水羊羹妻の作法に従へり 菅野洋々


 


・負ひ目ある妻に付き合ふ水羊羹 阿部寿雄





冷酒がいけない人には、水羊羹がある。
暑い日、汗を滴らせた日。
午後の一休みの一服。
作法通り汲み出された甘味と旨味のお茶をいただきながら、水羊羹を楽しむのは消夏法の一つだ。

奥さんと水羊羹を楽しむ俳人たちは奥さんに頭が上がらないらしい。
触らぬ神に祟りなしなのか、尻に敷かれる高等戦術なのか過去の罪滅ぼしなのか、何だろう?
なんとも情けない語り口だ。


やはり男は冷酒がお似合いか。






関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可