2013/11/16  ザックジャパン  オランダと2-2引き分け - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (22)格闘技・スポーツ › 2013/11/16  ザックジャパン  オランダと2-2引き分け
2013-11-16 (Sat)  23:50

2013/11/16  ザックジャパン  オランダと2-2引き分け


このところ点が取れないまま敗戦が続いていたザックジャパンが久し振りに躍動した。

パスを繋いで相手ゴール前まではいけるが、それから先は攻めきれないのが今までのパターンだった。
それは厚い壁になっていた。

その壁に今日は穴が開いたようだった。

ホンダの2点目は、相手陣営に走りこんだ選手が、動きまわり、ダイレクトパスを繋いで、オランダの守備を綺麗に切り裂いた。
ダイナミックで華麗なパスワークだった。

全員の意思が一致して、相手陣営で動き回れれば、日本もトップクラスになることができる。
その可能性が夢ではなく実現できそうな2点目だった。

だが、その後オランダを圧倒していたが、もう1点決めきれなかったのは残念だった。


[HD] 日本 - オランダ 2-2 | 日本 vs オランダ I 国際親善試合 | 16/11/2013

http://youtu.be/PEZG2mjfXbM



「本田圭佑ゴール!鮮やかなパスワーク!オランダ vs 日本 Japanese Tiki-Taka Keisuke Honda GOAL!! 16-11-2013

http://youtu.be/H23ahgNzFcM


『サッカー日本代表:攻撃貫きオランダと引き分け
毎日新聞20131116日(土)23:37

ベルギー遠征中のサッカー日本代表は16日、国際親善試合でオランダ代表と2-2の引き分け。先発を入れ替え、チームに新たな活を入れて臨んだ強豪オランダとの一戦。日本は本田や途中出場の香川を中心に攻撃サッカーを貫き、同点に追いつく粘りを見せた。

前半に2点リードされながら、大迫のゴールで1点を返した日本。本田は「大迫が1点取ったことで望みが出た。後半、あきらめずに仕掛けることができた」。後半に遠藤と香川を投入すると、日本のボールが回り出した。特に香川は中央まで顔を出しながら、パスワークに加わり、ドリブルでボールを前線に運ぶことで、攻撃のスピードは増した。

後半15分に大きなサイドチェンジからパスをつなぎ、本田が大迫とのパス交換から同点シュートを決めた。その後も香川がドリブルからシュートを放ち、また途中出場の柿谷へスルーパスを通すなど相手ゴールに迫った。

クラブで出場機会に恵まれないまま臨んだ10月の東欧遠征で活躍できなかった香川は、最近になってクラブでの試合出場も増え、「手応えはある」と話していた。言葉通りに日本の攻撃を活性化させた。

ザッケローニ監督は「チームには守備に偏ることなく、攻撃もやってほしいと伝えた。中央やサイドのところで積極的な攻撃をしかけられた」。攻撃的姿勢を善戦につなげ、自信を取り戻していた。【村社拓信】』
(毎日新聞)




関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可