2014/07/25  日記  天神祭 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2014/07/25  日記  天神祭
2014-07-25 (Fri)  21:15

2014/07/25  日記  天神祭

2014/7/25 (金) 旧暦: 6月29日 祝日・節気:  日出: 4時43分 日没: 18時51分 月出: 3時10分 月没: 17時22分 月齢: 27.79 干支: 丁酉 六曜: 仏滅 九星: 三碧木星

今日の季語: 天神祭

「2014天神祭 宵宮 どんどこ船」

http://youtu.be/WvKQG3nIMSg


『天神祭(てんじんまつり、てんじんさい)は、全国の天満宮(天神社)で催される祭り。祭神の菅原道真の命日にちなんだ縁日で、25日前後に行われる。一年のうち1月の初天神祭など、ある月に盛大に行われることがある。各神社で行われる天神祭の中では、大阪天満宮を中心として大阪市で行われる天神祭が有名である。以下より大阪天神祭のことについて記述する。

日本三大祭(他は、京都の祇園祭、東京の神田祭)の一つ。また、生国魂神社の生玉夏祭、住吉大社の住吉祭と共に大阪三大夏祭りの一つ。期間は6月下旬吉日 - 7月25日の約1ヶ月間に亘り諸行事が行われる。特に、25日の本宮の夜は、大川(旧淀川)に多くの船が行き交う船渡御(ふなとぎょ)が行われ、奉納花火があがる。大川に映る篝火や提灯灯り、花火などの華麗な姿より火と水の祭典とも呼ばれている。他に鉾流神事(ほこながししんじ)、陸渡御(りくとぎょ)などの神事が行われる。24日宵宮、25日本宮。
...』(Wikipedia)


天神祭の俳句:



・どんどこ船じぐざく天神祭来る 谿昭哉



・避暑の子ら天神祭しにもどる 亀井糸游

 


・くらやみの船紅や天神祭 金子 晉



・金魚玉天神祭映りそむ 後藤夜半



・好きやねん天神祭鱧の皮 坪内稔典




今日も暑い日だった。
岐阜県の多治見市の最高気温は39度を超え、今年の全国最高を記録したそうだ。
気温が体温を超えると急に活動力が鈍る気がする。無理をするなとのサインなのだろう。

この時期の大阪の天神祭は暑さつ結びついているそうだ。
この祭りの中で育った人たちにとって暑いのは当たり前、暑くなければ祭りではないのだろう。

大汗をかいたあとは鱧を肴に生ビール。
気持ちのよい夏だ。




関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可