2014/07/29  B級うな丼食べ比べ(3)  なか卯 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (12)飲むこと・食べること › 2014/07/29  B級うな丼食べ比べ(3)  なか卯
2014-07-29 (Tue)  22:00

2014/07/29  B級うな丼食べ比べ(3)  なか卯


B級うな丼食べ比べ第3弾は、なか卯。

カウンターのテーブルに、うなまぶしの広告が貼ってある。
名古屋で言う「ひつまぶし」だ。

今回はうな丼の食べ比べなので、最も安い一切れのうな丼を注文。
価格は790円(税込み、58円)。

clip_image001

待つほどもなく登場したのがこれ。
clip_image003
刻み海苔をご飯に敷いてその上に蒲焼きが載せられている。
蒲焼きの上には三つ葉がトッピングされている。

三つ葉を退けるとこんな感じ。
clip_image005

clip_image007
・焼き
身側は殆ど焦げ目がない。肉の厚みはある。口に入れると柔らかい食感で香ばしさは感じられない。
焼きが足りないのか噛むと肉汁が出てくる。生臭くはないが、蒲焼きというより煮物・蒸し物の感じだ。

clip_image009
ひっくり返した皮側も焼きは強くない、噛むと皮の部分はザクザクとした食感で香ばしさは殆ど感じられない。

・垂汁
海苔の下に掛けられているが、中心部だけでご飯全体には行き渡ってはいない。
照り・トロミ感は無く水っぽく甘い垂れ。鰻の香ばしさとか旨味とかは感じられない。丼の底に溜まった垂れを見ると少しトロミがあるが片栗粉か何かでとろみを付けた印象で自然の焼き垂れとは違うようだ。

clip_image011
・ご飯
バサバサまでは行かないが、艶がないご飯。モチモチとした食感はない。
clip_image013


全体の印象としては、刻み海苔や三つ葉に見られるようにこの店のうな丼は、「うなまぶし」を前提に作られている感じで、うな丼としてみると中途半端だ。
焼きも足りず香ばしくないし、垂れも薄くコクのないもの、ご飯もバサ付いている感じだ。これに熱い出し汁を掛けるとかなり印象が変わり良くなるような気もするが食べていないので判らない。





関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可