2019/02/22  杉本昌隆七段が八段昇段を決めた - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (16)時事・世相 › 2019/02/22  杉本昌隆七段が八段昇段を決めた
2019-02-22 (Fri)  21:50

2019/02/22  杉本昌隆七段が八段昇段を決めた


先に行われた順位戦C級の昇級がかかった試合には、杉本師匠も藤井聡太七段も負けてしまい、大方はがっかりした。

その後、藤井七段は朝日杯の連覇を達成し、落ち込むどころか一皮むけてパワーアップした事を感じさせファンを安心させた。

一方の杉本師匠も負けてはいなかった。
今日行われた対局に勝ち、七段昇段後公式戦190勝を達成し、八段昇段条件を満たした。

藤井七段の活躍も杉本七段の指導と愛情があってこそなので、この昇段は良かった。
杉本新八段も、まだまだ上を目指して頑張っている。その姿を見れば藤井七段も思う存分活躍ができる。

名古屋の将棋界を二人で引っ張って行ってほしいと思う。


『藤井七段の師匠・杉本昌隆七段、弟子より早く八段に昇段
2019/02/22 17:49
朝日新聞

clip_image001
将棋棋士の杉本昌隆さん
(
朝日新聞)

将棋の高校生棋士、藤井聡太(そうた)七段(16)の師匠にあたる杉本昌隆七段(50)が22日に行われた対局に勝ち、八段への昇段を決めた。「七段昇段後、公式戦190勝」という昇段の条件を満たしたため。昇段は同日付。弟子の藤井七段よりも早く八段に昇り、師匠の貫禄を示した。

杉本新八段は名古屋市出身。故板谷進九段門下。1990年10月、四段に昇段し、プロデビュー。95年12月、五段昇段。2000年7月、六段昇段。06年2月に七段昇段。四段から七段へは15年余り、七段から八段へは13年がかりで、昇段を果たした。

弟子の藤井七段はスピード昇段。16年10月1日付で四段昇段、18年2月1日に五段昇段、同年2月17日に六段昇段、同年5月18日に七段に昇段した。プロ入り後、1年7カ月余りで四段から3回昇段して七段まで駆け上がった。

七段から八段へ昇段するには「七段昇段後、公式戦190勝」のほかに「(名人戦の予選にあたる)順位戦でA級昇級」「竜王位1期獲得」「タイトル2期獲得」という条件がある。

藤井七段が、いつ、どんな形で八段に昇段するかも注目されている。

終局後、記者の質問に対し、杉本新八段は「師匠の威厳を見せられたかなといったところでしょうか。(藤井七段には)早く追いついて欲しいなという気がします」と話した。また、日本将棋連盟を通じて「子どもの頃、将棋を覚えて棋士を志した時から、八段昇段は目標でした。これからも弟子に負けないように勝ち星を積み上げていきたいです」とコメントした。

また、師匠の昇段を受けて藤井七段は「八段昇段おめでとうございます。対局や普及に全力で取り組む師匠を尊敬しています。これからもますますご活躍されることを祈念しています」とのコメントを発表した。(佐藤圭司)』
(朝日新聞)




関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可