2015/04/20  日記  穀雨 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2015/04/20  日記  穀雨
2015-04-20 (Mon)  19:35

2015/04/20  日記  穀雨

2015/04/20 (月) 旧暦:  3月2日 祝日・節気: 穀雨 日出: 5時02分 日没: 18時17分月出: 6時04分 月没: 19時54分 月齢: 1.34 干支: 丙寅 六曜: 仏滅 九星: 六白金星

今日の季語: 穀雨


clip_image002

(大和うらうら
http://yoshino668.exblog.jp/
より転載)


『穀雨(こくう)は、二十四節気の第6。三月中(通常旧暦3月内)。

現在広まっている定気法では太陽黄経が30度のときで4月20日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から1/3年(約121.75日)後で4月22日ごろ。

期間としての意味もあり、この日から、次の節気の立夏前日までである。

西洋占星術では、穀雨を金牛宮(おうし座)の始まりとする。

季節の特徴
田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨の降るころ。
穀雨とは、穀物の成長を助ける雨のことである。『暦便覧』には「春雨降りて百穀を生化すればなり」と記されている。

穀雨の終わりごろ(立夏直前)に八十八夜がある。』
(Wikipedia)


穀雨の俳句:



・幾筋の山襞消えし穀雨かな  能村研三



・穀雨かな記紀にしるせし野を歩く 伊藤敬子



・鍬光る穀雨の記念植樹かな 小谷ひろゆき



・芽の見ゆる畝に穀雨の雨降れり  阿部文子



・掘り起こす土くろぐろと穀雨かな 伊藤節子




今日は穀雨。
穀物の成長を助ける雨の降る日。

今日は全校的に春の嵐で、荒れ模様。
雨の足りない年の雨は本物の穀雨だが、今年は雨が降り続いている。
例年の2,3倍の降水量を記録している。

むしろ欲しいのは雨ではなく太陽。
『淡路島特産のタマネギに細菌性病害(腐敗病)が多く発生しているとして、兵庫県は島内全域に注意報を発令した。昨年末からの雨の多さが原因とみられ、過去10年間で最も多く発生。県は、農家に防除対策を呼び掛けている。

県病害虫防除所(兵庫県加西市)によると、病害が進行すると、タマネギが軟化・腐敗するなどして出荷できない状態となる。発病したタマネギを食べても人体への影響はないという。』(神戸新聞)
細菌による腐敗病だそうだが、日照不足が原因の一つらしい。

明後日には晴れるそうだ。
間違いないようにてるてる坊主でも下げておきたい。





関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可