2015/04/22  日記  桜草 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2015/04/22  日記  桜草
2015-04-22 (Wed)  19:30

2015/04/22  日記  桜草

2015/04/22 (水) 旧暦:  3月4日 祝日・節気:  日出: 5時00分 日没: 18時19分 月出: 7時41分 月没: 21時56分 月齢: 3.34 干支: 戊辰 六曜: 赤口 九星: 八白土星

今日の季語: 桜草

clip_image002

(花あるばむ
http://web1.incl.ne.jp/sawamori/sakurasou.html
より転載)



『桜草:プリムラ、常盤桜、乙女桜、雛桜、化粧桜、一花桜、楼桜
晩春
サクラソウ科に属する日本原産の多年草。現在、園芸品種が多数あるが、江戸時代にも武士階級で流行。花は淡紅色、紅紫色。花びらは筒状の先が五つに大きく裂け、さらにそれぞれの先が二つに割れてサクラに似ている。』
(季語と歳時記)



桜草の俳句:



・このところいゝことづくめ桜草 久保田万太郎



・そはそはとしてをりし日の桜草 後藤夜半



・フラスコの水美しき桜草 遠藤梧逸



・ミシン踏む音に顫へて桜草 西村和子



・子の机借りて文書く桜草 吉田とし子




桜草の句を読んでいて、男と女はやっぱり違うなぁと思う。
久保田も後藤も遠藤もいい男のはずだが、この手放しぶりはどうだろう。

「いゝことづくめ」も「そはそは」も具体的にはわからないが、桜草のような可愛らしい花に出会ってしまうと、もう夢見心地だ。
1歳半くらいの孫娘に久しぶりにあった爺ちゃんのようだ。

しかし女の冷静さはどうだろう。
桜草の美しさは認めながらも、片方の目ではミシンを見、子の机を見ている。
女は美しさに迷うことは無いらしい。




関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可