2015/04/27  日記  若草 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2015/04/27  日記  若草
2015-04-27 (Mon)  23:54

2015/04/27  日記  若草

2015/04/27 () 旧暦:  39日 祝日・節気:  日出: 454分 日没: 1823分 月出: 1211分 月没: 057分月齢: 8.34 干支: 癸酉 六曜: 大安 九星: 四緑木星

今日の季語: 若草

clip_image002
(はいかい日記
http://kyie.at.webry.info/theme/d09ebab5ed.html
より転載)


『若草(わかくさ) 晩春
子季語: 嫩草、初草、若草野、新草、草若し
解説: 芽を出して間もない草のこと、みずみずしくやわらかい。蓬、芹、薊などのように、食用になる若草も多い。
来歴: 『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
文学での言及: 若草の新手枕(にひたまくら)を巻きそめて夜をや隔てむ 憎くあらなくに 作者不詳『万葉集』
』(季語と歳時記)


若草の俳句:


・バスが来て子ら放たるる若草野  木下節子



・屈み見る若草の芽の触れがたし  四條進


・若草にまろび息吹きにふるるまま  近藤きくえ


・若草に牛の尾撥ねてをりにけり  稲畑廣太郎



・若草に歩きそめたる子を下す  小山香月




若いってよいことだ。
伸びれば雑草だが、柔らかく緑浅いうちは、若草。

小学校の入学式もそうだったが、子どもたちも若草と同じ。
柔らかく、身体は小さいが、陽の光に照らされて未来そのものだ。

子どもたちと若草は仲が良い。
風邪の病み上がりで元気がなかった子も、光りあふれる若草の野に立てば、一人で歩み始める。

そして、笑顔になっている。



関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可