2015/12/11  水木しげる 「水木サンの幸福論」 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (9)本(文学 その他) › 2015/12/11  水木しげる 「水木サンの幸福論」
2015-12-11 (Fri)  22:29

2015/12/11  水木しげる 「水木サンの幸福論」


NHKで水木しげるの「水木サンの幸福論」を取り上げていた。

水木しげるの漫画は知らない。
ゲゲゲの鬼太郎も見たことはない。
妖怪や気味の悪い絵は見たくない。
矢張り、綺麗な明るい絵のほうが好きだ。

水木しげるの「幸福の七カ条」は以下の通りだそうだ。

第一条
成功や栄誉や勝ち負けを目的に、ことを行ってはいけない。

第二条
しないではいられないことをし続けなさい。

第三条
他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし。

第四条
好きの力を信じる。

第五条
才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ。

第六条
怠け者になりなさい。

第七条
目に見えない世界を信じる。


1条から4条までは素直に理解できるが、5条と6条は一捻りしてある。
5条は悲観への対処法、生きるための知恵であることは解るのだが、裏切ると言い切られてしまうと辛い、裏切ることもある位にして欲しい。
確かに漫画や芸人の世界は、厳しい。努力したから成功する保証は全く無い。
努力するのは当たり前で、これは必要条件。成功するには十分条件が必要だ。それは才能と運と出会いだ。

6条は、疲労への対処法だろう。
根を詰めて目一杯頑張っても、報われない時もある。それを続ければ、5日疲労する。疲労すれば、心も身体も思うようには動かない。悪循環に陥り、挙げ句の果ては絶望に落ち込んでしまう。
そうならないように、たまには怠けて休みなさいということなのだろう。


番組に出演した境港が好きになって、移り住んでしまい、今は境港の宣伝を行っている人が語った言葉が良かった。

『好きなことがああれば、それを糧に生きていくことができる。』

その通りだと思う。


【データ】

clip_image002

角川文庫 2007/4
637円





関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可