2015/12/13  日記  事始 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2015/12/13  日記  事始
2015-12-13 (Sun)  20:54

2015/12/13  日記  事始

2015/12/13 (日) 旧暦:  11月3日 祝日・節気:  日出: 6時41分 日没: 16時28分 月出: 7時49分 月没: 18時19分 月齢: 1.69 干支: 癸亥 六曜: 先勝 九星: 一白水星

今日の季語: 事始

clip_image002

(くくる紅型小物屋
http://kukuru1013.ti-da.net/e3527905.html
より転載)



『正月事始め
正月事始め(しょうがつごとはじめ)とは、正月を迎える準備を始めること。かつては旧暦12月13日、現在は新暦12月13日に行われる。昔はこの日に門松やお雑煮を炊くための薪など、お正月に必要な木を山へ取りに行く習慣があった。

江戸時代中期まで使われていた宣明暦では12月13日の二十七宿は必ず「鬼」になっており、鬼の日は婚礼以外は全てのことに吉とされているので、正月の年神様を迎えるのに良いとして、この日が選ばれた。その後の改暦で日付と二十七宿は同期しなくなったが、正月事始めの日付は12月13日のままとなった。

なお、歳時故實大概では2月8日を神代武甕槌命魔鬼制伏出陣の日として事始、12月8日を帰陣の日として事納とする説を紹介しており、12月8日を正月の事を取り賄い始める日、2月8日を正月の事を取り賄い納める日とするのを国俗としている。

また、江戸總鹿子新増大全 七巻「江都年中行事」、歳時故實大概「二月」、俳諧歳時記「二月」、近世事物考「初編」、用捨箱「上編」の各記事では正月の事始を十二月八日、正月の事納を二月八日としている。

年年隨筆「六巻」には、江戸では十二月八日を事始としており、尾張では十二月十三日を事始としている、との記事がある。

京都祗園では、芸妓や舞妓が芸事の師匠宅やお茶屋を訪れ、あいさつをする習わしが続いている。
』(Wikipedia)



事始の俳句:



・紅型師朱をたつぷりと事始 大城幸子




紅型は、糊おきした生地に染料を使い染めていき、1度塗り、2度塗りと色を重ねて染めていきます。
染め物はみなそうだが、根気のいる仕事で、気持ちが一様でないと全体が均一にならず、斑ができてしまう。

写経もそうだが、はじめから終わりまで一様には、修業が必要だ。

今日は、矢張り羽生選手のことを記録しておかなくてはいけない。

修業は時間が掛るものだが、スケートはスタートが早いので、若くして大成をするものだ。

『羽生が涙 衝撃の330・43点にフェルナンデスもひれ伏す
フィギュアスケートGPファイナル・第3日」(12日、バルセロナ)

男子フリーが行われ、SPで世界最高点を更新したソチ五輪金メダリストの羽生結弦(21)=ANA=はフリーでも自らの世界記録を更新する219・48点をマークし、総得点でも先日のNHK杯を8・03点上回る330・43点の世界最高得点を樹立。文句の付けようがない結果で、男子ではプルシェンコ(ロシア)、チャン(カナダ)の2連覇を超える史上初の3連覇を達成した。』(デイリースポーツ)

3連覇は素晴らしい。




関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可