2015/12/16  若き日本の代表 羽生結弦と高梨沙羅 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (22)格闘技・スポーツ › 2015/12/16  若き日本の代表 羽生結弦と高梨沙羅
2015-12-16 (Wed)  23:25

2015/12/16  若き日本の代表 羽生結弦と高梨沙羅


「最近の若いものは」は、年寄りの常套句だ。
だがこの二人には通用しない。
二人共若いが、その世界では圧倒的なチャンピオンだ。

想像もできない最高得点で男子史上初の3連覇を立っていした羽生とW杯で2勝し今季好調な高梨が同じ飛行機で日本に帰国した際、お互いにエールを交換したそうだ。

特に浮いた話ではないようだが、自分の道を切り開いて進んでいる日本の若き代表がお互いに気持を交換しているのは何か微笑ましい。


『羽生結弦は『称賛!』高梨沙羅は『恐縮…』の同便帰国
(
デイリースポーツ) 05:00

clip_image002
GPファイナルから帰国し、金メダルを手に記者会見に臨む羽生結弦

フィギュアスケートGPファイナルで男子史上初の3連覇を達成した羽生結弦(21)=ANA=が15日、大会が行われたスペイン・バルセロナから羽田空港に帰国した。W杯で2勝した欧州遠征から帰国したジャンプ女子のエース・高梨沙羅(19)=クラレ=と同便で、搭乗前には「お互い頑張ろう」とエールを送り合ったことを明かした。

羽生は「テレビで英語のインタビューをしっかり答えていたのを見て、自分も英語を頑張らないとと思ったし、素晴らしい気力、精神力を持っていて、学ぶことも多いと思った」とたたえた。高梨は「オーラに圧倒された。どんなことをしゃべったのか全然覚えていない。日本を代表する素晴らしい選手におめでとうと言っていただいたので、明日からの合宿を頑張れる」と恐縮しきりだった。』(デイリースポーツ)



『【ジャンプ】沙羅「いいジャンプが出来た」欧州遠征から帰国
12
1522:00スポーツ報知

clip_image004
羽田空港に帰国した高梨沙羅 【報知新聞社】
(
スポーツ報知)

ノルディックスキー女子ジャンプの高梨沙羅(19)=クラレ=が15日、欧州遠征から羽田空港に帰国。W杯3戦のうち、2勝と2位1回の成績に「3戦目(優勝)はいいジャンプが出来た」と満足げに振り返った。

報道陣から「今年1年を漢字で振り返ると」と質問を受けた高梨は「吸収」の「吸」を選択。「いいことも悪いこともある中で自分自身いろいろなことを吸収できたと思ったので」と語った。

乗り継ぎのフランクフルトでは、偶然にもフィギュアスケートの羽生結弦(21)=ANA=と同便に。羽生からW杯の優勝を「おめでとうございます」と祝福されたといい「オーラがすごくて緊張してしまいました。何を話していたか覚えていないけど、明日から名寄で合宿なので励みになりました」と笑顔を見せた。』
(スポーツ報知)




関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可