2015/12/28 日記 歳の市 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2015/12/28 日記 歳の市
2015-12-28 (Mon)  19:20

2015/12/28 日記 歳の市

2015/12/28 (月) 旧暦:  11月18日 祝日・節気:  日出: 6時49分 日没: 16時35分 月出: 19時34分 月没: 8時32分 月齢: 16.69 干支: 戊寅 六曜: 仏滅 九星: 六白金星

今日の季語:歳の市

「アメ横20151225_001」

https://youtu.be/AUPmLir6cBI



『年の市(としのいち)暮
【子季語】
破魔矢売、節気市、暮市、師走の市、暮の市

【解説】
年の暮に注連飾りやその他正月用の飾りもの、食料品、縁起物の椀や箸などを売る市のこと。寺社の境内などに市が立ち、多くの人でにぎわう。』
(季語と歳時記)



歳の市の俳句:



・年の市海山の幸積み上げて 高澤良一



・不二を見て通る人有年の市 與謝蕪村



・年の市橋へ出ぬけて月夜かな   正岡子規




今日は、御用納め。
明日から本格的な、歳末になる。
新年を迎える準備も最高潮を迎える。

昨日の夜ですら、スーパーの店頭には正月用の食料品が山のように積み上げられていた。いつもの商品の置き場が変えられているので、正月用品以外はわかりづらい。
スーパーマーケットの中は大混雑で、何を買いに来ているのだろうと思う騒がしさだ。

江戸の人も、明治の人も同じように年の瀬を忙しく、歳の市を駆け回っていた。
一方、歳の市に身をおきながら、不二やお月様に目をやっている詩人もいた。
昨日、夜の10時を過ぎ年末夜警で拍子木を打ち歩いていた時、見上げると雲の間から丸いお月様が輝かしい光を射し寄越していた。歳の瀬の夜警も乙なものだ。

今日の世界は、韓国慰安婦問題解決に5億ドルの基金だそうだ。なんでそんな多額のお金がいるのだろう。
ISがイラクから撤退、シリアと休戦協定だそうだ。
世界はわからないことだらけだ。




関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可