2016/07/23  日記  日傘 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2016/07/23  日記  日傘
2016-07-23 (Sat)  20:30

2016/07/23  日記  日傘

2016/07/23(土)旧暦: 620日 祝日・節気: 日出:442分 日没:1852分 月出:2101分 月没:749分 月齢:18.67 干支:丙午 六曜:先勝 九星:三碧木星

今日の季語: 日傘

「プレミアムホワイト 折りたたみ日傘 イメージ動画」

https://youtu.be/A_gmeX3AHtM



『日傘 (ひがさ) 三夏
子季語 : 絵日傘、白日傘、日からかさ、パラソル
関連季語: 春日傘
解説: 夏の強い日差しを防ぐための傘。主に女性が用いる。江戸時代の日傘は、竹の骨に紙を張っただけのもの。雨用とは違い、油や渋は塗らなかった。最近では白ばかりではなく、黒い色のものも目にする。
来歴: 『をだまき綱目』(元禄10年、1697年)に所出。』
(季語と歳時記)


日傘の俳句:



・連れ合ひの知らぬ顔して白日傘   渡辺知美

 

・連れ立ちて男は入れぬ白日傘  大室恵美子



・ぜいたくに使ふ一日白日傘   佐藤博美

 

・白日傘心の中に立ち止る  松田泰子



・白日傘ひとりの世界創りゆく  ほんだゆき

 


白い日傘の下では、人を邪険にするのだろうか?
最初の2句を読んでそんな気がした。

佐藤は、一日を丸々自分の思い通りにしたという。
それも白い日傘の下で。

4
句、5句を読んで事情が理解できた。
白い日傘を差すとどうやら現実世界から一歩遊離するらしい。
後は自分の思いの中に居れば良い。
他の人は要らないのだ。
ほんだは明快に詠んでくれている。

日傘は、近頃男もすなるものと言う。

男物の白日傘はあるのだろうか。



関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可