2019/03/02  日記  うらら - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2019/03/02  日記  うらら
2019-03-02 (Sat)  20:31

2019/03/02  日記  うらら

2019/03/02 (土) 旧暦:126日 祝日・節気:  日出:610分 日没: 1736分 月出:328分 月没:1334分 月齢:25.25 干支: 戊戌 六曜: 友引 九星: 五黄土星


今日のあれこれ: うらら


「竹富島・水牛車で三線の唄と島の香り」


https://youtu.be/UoJRn-dz0RQ



『麗か(うららか) 三春
子季語:           うらら、うららけし、うららに、うらうら、麗日
関連季語:       
解説:   春の日がうるわしくなごやかに照って、よろずの物が玲瓏と輝くさまをいう。
来歴:   『改正月令博物筌』(文化5年、1808年)に所出。
文学での言及:  うらうらに照れる春日に雲雀あがり心かなしもひとりし思へば 大伴家持『万葉集』

(季語と歳時記)



うららの俳句:


・三線に島唄うらら牛車ゆく  吉田美智子


・うららかに五六戸づつの入江かな  岬雪夫


・うららかや小江戸の町に時の鐘  中島徳子


・花ちやんは子犬の名前うららかに  大房帝子


・金平糖舌にまろばせうららけし  刈米育子



今日は、風も収まり春らしい陽が降り注ぐ明るい日になった。
うららかというのは今日のような日を言うのだろう。

と言っても、もう明日から週末は雨だという。
晴れたり降ったりしながら春がやってくるのは、自然の進み方だから気にすることはない。

3
月はまだ北国や山里には雪が残るが、南の島はもう初夏になる。
曇り空が青空に変われば、もう「うりずん」の季節だ。これから連休までが、暑すぎもせず、太陽がいっぱいの季節にななる。

明日、33日は沖縄本島恩納村の万座ビーチは海開きだ。

本土でも、雨が去ればうららかに春の陽射しは降り注ぐ。
犬の散歩にもパステルカラーの鮮やかな金平糖にもうららかな春が見つけられる。






関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可