2018/12/19 日記 鯛焼き - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2018/12/19 日記 鯛焼き
2018-12-19 (Wed)  19:55

2018/12/19 日記 鯛焼き

2018/12/19 (水) 旧暦: 11月13日 祝日・節気:  日出: 6時45分 日没: 16時30分 月出: 14時01分 月没: 2時28分 月齢: 11.82 干支: 乙酉 六曜: 大安 九星: 四緑木星


今日のあれこれ: 鯛焼き

「天然鯛焼き 鳴門たいやき本舗」




https://youtu.be/v9soBMgPzlw



『鯛焼(たいやき、たひやき) 三冬
2011/08/11

【子季語】 鯛焼屋
【解説】
鯛の形をした鉄板に生地を流し込み、小倉餡を包んで焼いたお菓子。近年は一年中売っている。しかし、寒い中で食べる鯛焼は格別に美味しい。』
(季語と歳時記)



鯛焼の俳句:


・幕あひや鯛焼とどく楽屋口 水原秋櫻子


・仲直りしよう鯛焼買うてゆこ  亀ヶ谷照子


・鯛焼を買ひしと眠き子ら待たす  朝妻力


・鯛焼を持つ役得に手の温み  清水公治


・鯛焼を宙泳がせて子の食める  西村梛子


鯛焼の名店は各地にある。
ケーキ店のように街の中心部のビルにお洒落な店構えで営業しているケーキ屋さんとは違って、街の外れか場末の狭い路地で営業しているのだが、美味しい店が鯛焼き屋だ。

たこ焼きのように広く大きな焼き型で大量に焼くより、皮と餡を入れて1枚1枚丁寧に焼くほうが美味しいような気がする。
 焼いている店主と話をしながら、焼き上がるのを待つのも楽しい。


冬の寒い日の甘いものは、ケーキより焼芋と鯛焼。
熱々の鯛焼を買って家に帰れば、歓迎されること請け合いだ。
 鯛焼きを買って帰ろう。

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可