2017/03/10  レストラン三宝黒埼本店 (新潟・新潟市) - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page ›      飲・食のお店 › 2017/03/10  レストラン三宝黒埼本店 (新潟・新潟市)
2017-03-10 (Fri)  23:35

2017/03/10  レストラン三宝黒埼本店 (新潟・新潟市)


カンブリア宮殿39日の放送で、取り上げていたレストラン三宝の本店に行ってみた。

内野町から黒埼に向かうと、湿っぽい牡丹雪が降り始めた、これは夜には大雪になるかもと思われた。
黒埼に入ると、冷たい強い雨に変わった。

番組では、レストラン三宝を【家族3世代で行きたい!安い!うまい!行列のファミレス】と紹介している。
地域に愛され、行列ができる人気、料理はすべて手作りで、メニューは和洋中80種以上あるという。

clip_image002

冷たい雨の降る中、到着したレストラン三宝本店は普通のレストランのように見えた。
時間も昼どきを外れているので、行列はなく、テーブルのお客さんは疎らだ。

入り口のショーウインドーのメニューのサンプルも良くあるレストランのメニューが多い。

テーブル席に座り、ランチタイムは過ぎていたので、グランドメニューから選ぶ。
中華のメニューが多いので、中華が得意なのだろう。

無難な選択で中華飯を注文した。

clip_image004
やがて運ばれてきた中華飯。

clip_image006
見栄え、素材も中華飯らしい中華飯だ。

clip_image008
盛り付けはよく、美味しそうに盛り付けられている。

味は、見かけほど濃くはない。
出汁を柱にした塩控えめのほんわりとした上品な味だ。
イタリアン、中華はニンニンクの風味を活かしてパンチを出すことが多いが、ニンニクは殆ど表には出てこない。
これならランチに食べても、仕事に差し支えることはない。

clip_image010
味噌汁は、薄味のサッパリとした味噌汁。


番組では、
「消費低迷に悩まされる外食産業。1980年代に急増したファミリーレストランも苦戦を強いられている。そんなファミレス業界で、地元客から絶大な信頼を集め、売り上げを伸ばし続けている店が新潟にあった。それが、新潟に本社を置く「レストラン三宝」。業界内で大手チェーンでも苦戦すると言われる「新潟」にあるにも関わらず、「三宝」には、長蛇の列が...しかも、客の多くが家族連れのリピーターだという。なぜ「三宝」に客が集まるのか?効率主義を捨て、地域に愛されてきた異色のファミリーレストランの人気の秘密に迫る!」
としている。

新潟県内だけではなく、遠くは外国まで店舗を展開し、レストラン以外のチャンネルを持つグループ企業である。


店に入り、店員の応接を見て、中華飯を食べた限りでは、普通のレストランでとりわけ特徴を感じない。

・ボリューム満点
・値段が安い
・特別なサービスが有る

と言った特徴も無い。


食事が終わり、トイレに行った。
レストランのスペースからトイレに向かう出口を通ると、視界がひらけた。

目の前にガラス張りの中庭があり、緑の植え込みがある。
その周囲の廊下には広くテーブル席と低い小上がりの席が用意されていた。
レストランのテーブル席は全体の店舗の一部でしか無かった。
昼どきを外しているので、お客は居なかったが、広い小上がりの空間と中庭は開放的で家族連れには使い勝手は良さそうだった。

トイレから帰り、椅子に座ると、すこしこの店が理解できたような気がした。

一言で言えば、外観は違うが、沖縄の食堂の居心地だ。
小上がりが用意され、のんびり時間を過ごすことができる。
沖縄では小上がりで昼寝している人もいる。

レストラン三宝の“非効率経営の魅力は、沖縄の食堂に通じている。
そう思いながら、店を出た。

冷たい雨の降る中、鶴の友を買うために内野町の酒屋に向かった。


【データ】

レストラン三宝 公式サイト
http://sanpou-g.co.jp/restaurant_sanpou/


カンブリア宮殿TV東京

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/2017/0309/




関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可