2017/03/12 日記 今日の禅語 百花春至為誰開 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2017/03/12 日記 今日の禅語 百花春至為誰開
2017-03-12 (Sun)  19:50

2017/03/12 日記 今日の禅語 百花春至為誰開

2017/3/12 (日) 旧暦:215日 祝日・節気: 望 日出 :556分 日没:1745分 月出:1726分 月没:538分 月齢:13.5 干支: 戊戌 六曜: 仏滅 九星: 五黄土星

今日のあれこれ: 今日の禅語 百花春至為誰開(碧巌録)
(百花春至って誰の為にか開く)



「ハクモクレン(白木蓮)の花が満開 新宿御苑 2014.3.25 White

https://youtu.be/GQv8morhoOU



以下、臨済禅・黄檗禅公式サイトより転載

《『碧巌録』第五則「雪峰尽大地」の公案の頌にある言葉です。
寒風吹きすさぶ冬の時節は、見渡す限り枯野原でも、ひとたび春風が吹けば、何処からともなく次から次へと青い芽を出し、たちまち緑をつけて、一斉に花を咲かせます。梅、桃、桜、牡丹、五月、つつじ等が、まさに百花繚乱と咲き乱れます。花の便りに浮かれ出て酒宴を設け、放歌乱舞の乱痴気騒ぎの「花見」だけでは花に申し訳ありません。この百花の姿が私達に大切な事を教えているのです。
...
即ち花の生命、心を学ぶべきだというのです。
「百花春至って誰が為にか開く」。花は一体、誰の為に咲くのでしょうか。誰の為でもありません。何の為でもありません。そこにはそういったはからいは微塵もありません。自分の生命の赴くままに自分の全生命を無心に発揮して、天地一パイに「ただ、ただ」咲いているのです。
ただ咲いて、私達に生き方を教え、勇気づけ、慰め、そして楽しませてくれます。しかもその功を少しも誇る事もありません。なんとすばらしい事ではないでしょうか。
...》

花の美しさに感動し、心を洗われる、生命を感じさせてもらう。
花との出逢いが自分の命との出逢いにつながる。





関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可