2017/03/26  日記  誓子忌  (その1) - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2017/03/26  日記  誓子忌  (その1)
2017-03-26 (Sun)  20:00

2017/03/26  日記  誓子忌  (その1)

2017/3/26 (日) 旧暦:229日 祝日・節気:  日出 :536分 日没:1757分 月出:426分 月没: 1554分 月齢:27.5 干支: 壬子 六曜: 赤口 九星: 一白水星

今日のあれこれ: 今日は 誓子忌

clip_image001
(鈴鹿市に転居していたときの山口誓子=1953年、同市の鼓ケ浦海岸(神戸大学山口誓子学術振興基金実行委員会提供
朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJBT536GJBTONFB00Q.html
より転載)


『山口 誓子(やまぐち せいし、1901年(明治34年)113- 1994年(平成6年)326日)は京都府出身の俳人。本名は新比古(ちかひこ)。高浜虚子に師事。昭和初期に水原秋桜子、高野素十、阿波野青畝とともに「ホトトギスの四S」とされたが、のちに同誌を離反した秋桜子に従い「ホトトギス」を離脱。従来の俳句にはなかった都会的な素材、知的・即物的な句風、映画理論に基づく連作俳句の試みなどにより、秋桜子とともに新興俳句運動の指導的存在となる。戦後は「天狼」を主宰し現代俳句を牽引した。
...
』(Wikipedia
略歴等詳細はデータWiki参照。
関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可