2018/12/27  日記  数へ日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2018/12/27  日記  数へ日
2018-12-27 (Thu)  19:48

2018/12/27  日記  数へ日

2018/12/27 () 旧暦: 1121 祝日・節気:  日出: 649 日没: 1634 月出: 2145 月没: 1025 月齢: 19.82 干支: 癸巳 六曜: 先勝 九星: 三碧木星


今日のあれこれ: 数へ日


「お正月の歌(歌詞付き)赤富士バージョン」


https://youtu.be/xCZ-yEu3Z6o



『数へ日


年内の残る日数が指で数えるほどになってきたことを感慨をこめて言う。忙しさが増し、落ち着かない日々が続く。』
(季語と歳時記)



 
数へ日の俳句:


・加賀の国より数へ日のかぶら鮓  石田邦子


・数へ日のその一日の暮れゆきぬ  太田佳代子


・数へ日のくるくるまはす万華鏡  三崎由紀子



「数へ日」という季語は、江戸の昔からあったものではないそうだ。
言葉としては昔からあったが、季語として詠まれるようになったのは明治になってからだ。

正月までの日数を数えると言えば、唱歌の「お正月」だ。
「もういくつねるとお正月」は、誰でも口ずさめる歌だから、数え日がお正月の季語として自然に理解されるようになったのは、滝廉太郎のお陰かも知れない。


「お正月」は、1901年(明治34年)に出版された『幼稚園唱歌』に掲載されたそうだから、辻褄はあっている。



歳末は、浮世の義理が多く忙しい。
やることは多いのに一日は短い。
焦ってしまうのが普通だが、三崎の過ごし方は美しく、華麗だ、

「光と鏡の芸術品 万華鏡 Kaleidoscope


https://youtu.be/Ycy10zYQ6g4


気持ちの余裕があれば、数え日の歌を聞きながら、万華鏡の世界を彷徨うのも良い方法だ。





関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可