2023年01月24日 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2023年01月
2023-01-24 (Tue)

2023/01/24 日記 ホットレモン

2023/01/24 日記 ホットレモン

2023/01/24      (火)      旧暦:   1月3日          祝日・節気・雑節・朔望:              日出:   6時46分           日没:   16時59分    &nbs...

… 続きを読む

2023/01/24      ()      旧暦:   13          祝日・節気・雑節・朔望:              日出:   646           日没:   1659       月出:   843         月没:   1946       月齢:   2.25      潮汐:      大潮     干支:   壬午     六曜:   先負


今日のあれこれ: ホットレモン

《レモン白湯の効果と作り方!ダイエットや冷え性に!レモン白湯を毎日飲むと体に起こる変化とは?知ってよかった雑学【ちょこっとTV】》

https://youtu.be/05I5UJsZ5N0



『ホットドリンクス: ホットウイスキー、ホットワイン、ホットレモン.

  三冬

冬場に身体を暖める飲み物のことである。
ワインやウイスキー、ソフトドリンク、缶コーヒーなど様々なものがある。
 家庭で作ったり、飲食店で注文したりする。』
(季語と歳時記)



ホットレモンの俳句:


・ホツトレモン大匙一杯分の恋   高田令子


・ホットレモン恋にときめく待ち時間   佐藤千恵


・読みさしてホット・レモンの逢瀬かな  信幸


・ホットレモン人恋しくて人嫌い   火箱ひろ




10
年に一度の大寒波が、とうとうやってきた。
名古屋でも昼前には、黒い雲が上空に流れてくると、
冷たい風が吹き始め、霰というより小さな雹が無数に降ってきた。
 街の様相は、すっかり変わってしまった。


季節らしい季語を選ぼうとすると、「寒」のつく寒い季語ばかりになる。
 寒いのに重ねて寒いのは、今日は嫌なので、温かい季語を考えた。
 寒い夜には、温かい飲み物が良い。そう考えると一番の候補は「熱燗」だが、今シーズンはもう使ってしまった。

であれば、矢張り、「ホットレモン」だ。
今でもこんな寒さが厳しい夜には、ホットレモンが飲みたくなる。

それは個人的な理由だ。
子供の頃風邪を引きそうになると、温かいホットレモンを飲ませてくれた。
 子供向けだから砂糖をたっぷり入れて。

 ホットレモンには勿論身体を温める効果があるのだが、自分の場合は、それだけではなく、今は亡き母の心が入っているからだ。


だが、「ホットレモン」は冬の季語になるのか?
「レモン」自体は晩秋の季語だが。

調べてみると、冬の季語になっていた。
しかし、単独の季語ではなく、他のコーヒー、ミルク、ココア等と同様、「ホットドリンクス」に纏められていた。
「ホットレモン」は、安心して冬の季語として詠むことができる。

ホットドリンクスの例句は、まだ少ない様だ。
探してみたが、なかなか纏められていない、探すのに時間を要したが、すべて合わせても47句しか見つからなかった。
その内、「ホットレモン」は11句だった。
その中に、恋の句が、4句あった。

ホットレモンは、身体を温めるだけではなく、心も熱くする。
ホットレモンをもっと飲んで、どんどん人を好きになれば、たくさんの「ホットレモン」の句が詠まれる日が来る筈だ。