2023年01月14日 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2023年01月
2023-01-14 (Sat)

2023/01/14 日記 寒垢離

2023/01/14 日記 寒垢離

2023/01/14      (土)      旧暦:   12月23日       祝日・節気・雑節・朔望:              日出:   6時50分           日没:   16時49分       月出:&...

… 続きを読む

2023/01/14      ()      旧暦:   1223       祝日・節気・雑節・朔望:              日出:   650           日没:   1649       月出:   2334       月没:   1046       月齢:   21.7      潮汐:      小潮     干支:   壬申     六曜:   仏滅


今日のあれこれ: 寒垢離

《【過酷な年越し】極寒の中滝行に挑戦する人々に密着》

https://youtu.be/naiGa1dbNSY



『寒垢離(かんごり) 晩冬

【子季語】
 寒行

【解説】
 寒の三十日間、心身を清めて神仏に仕えること。
冷水を浴びたり 滝に打たれたりして経を唱える。』
(季語と歳時記)




寒垢離・寒行の俳句:


・寒垢離の一喝山に谺して  藤田達子


・寒垢離に滝団々とひかり墜つ  山口草堂


・寒こりや思ひきつたる老の顔   正岡子規


・寒垢離のみるみる赤みさす命   田所節子


・しづかな熱気寒行後の僧にほふ  能村登四郎




「寒垢離」と言う言葉は、明治以前にはよく使われていたが、現在では「寒行」の方が季語として、よく使われるようだ。

2023
年の、寒垢離・寒行の動画を探してみたが、見つけられなかった。
 滝行の動画があったので、掲載させていただいた。

滝行イコール寒行ではないが、厳寒に滝に打たれるという厳しさから注目される側面もあるので、取り上げられるのだろう。


季語の説明も、簡素すぎるので、辞書の記載も掲載することにした。

『寒行 (読み)かんぎょう

寒苦に堪え忍んで修行すること。寒修行(かんしゅぎょう)ともいう。
 寒(かん)の入りから30日間、毎日、托鉢(たくはつ)や誦経(じゅきょう)、坐禅(ざぜん)、念仏(ねんぶつ)、題目(だいもく)などを行う。温暖な時期に比較して忍苦の度が大きいので、その功徳(くどく)も多大であるという信仰に基づく。
 鉦(かね)をたたいて念仏や和讃(わさん)を唱えて市中を巡行するのを寒念仏といい、神社仏閣に参るのを寒参り、神仏に祈誓して寒中に水を浴びるのを寒垢離(かんごり)という。
一般の人が技能の熟達を神仏に願い、寒行することもある。
[石川力山]』
(日本大百科全書(ニッポニカ)「寒行」の解説)


動画は見つからなかったが、寒垢離・寒行は、現在でも寺社では行われている。

日蓮宗系のお寺では、寒行が行われているようだ。
例えば、静岡県富士宮市に所在する興徳寺の寒行の様子は、以下のサイトに報告されている。

日蓮宗 大日蓮華山 興徳寺
https://kotokuji.jp/22/



寒垢離・寒行の俳句を読むと、なぜ寒行が行われるのか、よく理解できる。

勿論、心も鍛えられるのだが、身体にも大きな力が充実するようだ。

田所氏、能村氏の句にはその様が詠まれている。

生命が赤く燃える。
寒行の後は、身体が匂い立つそうだ。
良い匂いであることは、言う迄も無い。