2023年01月07日 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2023年01月
2023-01-07 (Sat)

2023/01/07 日記 若菜

2023/01/07 日記 若菜

2023/01/07      (土)      旧暦:   12月16日       祝日・節気・雑節・朔望:   人日、望           日出:   6時51分    日没:   16時43分       月出:   16時44分   &...

… 続きを読む

2023/01/07      ()      旧暦:   1216       祝日・節気・雑節・朔望:   人日、望           日出:   651    日没:   1643       月出:   1644       月没:   711         月齢:   14.7      潮汐:      大潮     干支:   乙丑     六曜:   先負


今日のあれこれ: 若菜

《【俳句さんぽ・第46回】人日・七種(新年の季語)一緒に七草を摘み、料理していただきませんか!》

https://youtu.be/4iUwPw4SIG8



『若菜(わかな) 新年

子季語: 朝若菜、磯若菜、磯菜、京若菜、千代菜草、祝菜、粥草、七草菜

関連季語: 七種

解説: 七種粥に入れる菜の総称。新春の菜は香りが強く精気に満ちている。その気をいただいて、一年を健やかに過ごそうというのが七種粥。
 春の七草は芹、薺(なずな)、御形(ごぎょう)、繁縷(はこべら)、仏の座、菘(すずな)、蘿蔔(すずしろ)をいう。
 
今ではパックにしてスーパーなどで売られている。

来歴: 『増山の井』(寛文7年、1667年)に所出。

文学での言及: 
 明日よりは春菜採まむと標めし野に昨日も今日も雪降りつつ 山部赤人『万葉集』
 国栖等が春菜採むらむ司馬の野のしましま君を思ふこのごろ 作者不詳『万葉集』
 あづさゆみおして春雨今日降りぬ明日さへ降らば若菜摘みてむ よみ人しらず『古今集』
 君がため春の野に出でて若菜摘むわが衣手に雪は降りつつ 光孝天皇『古今集』
 春日野の若菜摘みにや白妙の袖ふりはへて人のゆくらむ 紀貫之『古今集』
 君がため春の野に出でて若菜つむわが衣手に雪は降りつつ 光孝天皇『古今六帖』

(季語と歳時記)



若菜の俳句:


・伊吹嶺に一歩近づき若菜摘む   水谷文謝子


・花までは出惜しむ足を若菜哉  千代尼


・華やぎの日差し加へて若菜粥   小澤克己


・嫁姑ほどよき距離の若菜かな   矢口笑子


・我が儘も夫のゐてこそ若菜風   児玉有希




今日は17日、人日の節句。
古来、この日には七草粥をいただいて、健康を祈願する習わしがある。

昔であれば、野原に出て自分の手で七種を摘んで、お粥にすることが普通であったが、今は、そのような環境に恵まれている人は少ない。
 しかし、スーパー、八百屋の店頭で手に入れることは可能だ。
 できれば、今日でなくとも良いから七草粥をいただきたいものだ。


若菜の例句を読んでいて、気持ちの良い句が多かった。
その中から5句を選んだ。

中でも、気持ち良い心が伝わる良い句が児玉氏の句。
この様な心を持って生活できれば、家庭は健康的になる事は間違いない。病気など近づくことはできない。
 感謝の気持ちは健康に繋がっている。

言葉も「若葉風」が良い。
春の温かさが感じられる爽やかな風が吹いている。