2023年01月06日 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2023年01月
2023-01-06 (Fri)

2023/01/06 日記 初夢

2023/01/06 日記 初夢

2023/01/06      (金)      旧暦:   12月15日       祝日・節気・雑節・朔望:   小寒     日出:   6時51分           日没:   16時42分       月出:   15時50分   ...

… 続きを読む

2023/01/06      ()      旧暦:   1215       祝日・節気・雑節・朔望:   小寒     日出:   651           日没:   1642       月出:   1550       月没:   621         月齢:   13.7      潮汐:      大潮     干支:   甲子     六曜:   友引


今日のあれこれ: 初夢

2023年元旦 開運!京都の初詣 伏見稲荷大社を歩く/ Kyoto Japan WalkNew Year in Furhimi-inari

https://youtu.be/L16jCHb1RNU



『初夢(はつゆめ) 新年

子季語: 夢祝、夢流し、初枕、獏枕
関連季語:         
解説: 元日の夜または二日の朝にみる夢。二日の夜に見る夢を初夢という地方もある。縁起のよい初夢として「一富士二鷹三茄子」があるが、吉夢を願って宝船の絵を枕の下に置いて寝たり、悪い夢は「獏に食わせろ」ということから、獏の絵を枕の下にして寝たりする。
来歴: 『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。
文学での言及: 年くれぬ春は来べしとは思ひ寝にまさしく見えてかなふ初夢 西行『山家集』

(季語と歳時記)



初夢の俳句:


・縁起よき初夢賜ばり京の宿   服部珠子


・七十路の初夢空を飛びにけり   中村月代


・初夢にちちははも居り嬉しげに   斉藤裕子


・「君の名は」と聞かれ初夢覚めにけり   森下康子


・肩に手を置かれてふりむく初夢ぞ  熊谷愛子




初夢の例句を5句選んだ。
上の3句は、初夢らしい良い夢だ。
正夢であって欲しい夢だ。

下の2句は、初夢らしい夢。
夢の最後が判らない。
それからどうなったのか?

夢を見た本人が一番知りたいのだろうが、読まされた我々もヤキモキするのだから、なんとかして欲しい。


お正月なのだから、お正月らしい初夢を見たいものだ。
10
億円の宝籤があたって大喜びなんというのは俗っぽすぎる。
 コロナが終わって、家族で飛行機に乗って旅行という初夢なら、正夢になって欲しい。