2022年11月04日 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2022年11月
2022-11-04 (Fri)

2022/11/04 日記 酉の市

2022/11/04 日記 酉の市

2022/11/04 (金) 旧暦: 10月11日 祝日・節気・雑節・ 朔望:  一の酉 日出: 6時05分 日没:  16時43分 月出:  14時42分 月没:  1時17分 月齢:  9.67 潮汐:  若潮 干支:  辛酉 六曜:  友引 九星:  九紫火星 今日のあれこれ: 酉の市 『年の瀬告げる...浅草「酉の市」 “縁起物の熊手”今年の世相は』 https://youtu.be/kODaN0R3ZBI 『酉の市(とりのいち) 初冬 【子季語】...

… 続きを読む

2022/11/04 () 旧暦: 1011日 祝日・節気・雑節・ 朔望:  一の酉 日出: 605分 日没:  1643分 月出:  1442分 月没:  117分 月齢:  9.67 潮汐:  若潮 干支:  辛酉 六曜:  友引 九星:  九紫火星


今日のあれこれ: 酉の市

『年の瀬告げる...浅草「酉の市」 縁起物の熊手今年の世相は』

https://youtu.be/kODaN0R3ZBI



『酉の市(とりのいち) 初冬

【子季語】
 お酉さま、一の酉、二の酉、三の酉、熊手市、おかめ市、頭の芋

【解説】
 十一月の酉の日に各地で行われる祭礼。一の酉二の酉、年によっては三の酉まである。この日、浅草鷲(おおとり)神社の境内では「縁起熊手」を求める人であふれかえる。』
(季語と歳時記)



酉の市の俳句:


・隅田川酉の市へと船でゆく   保坂加津夫


・境内に手締め響くや酉の市   小林廣志


・お多福の一人笑や酉の市  酒井土子


・下町の情緒が好きで一の酉  武野恵美


・押され出て切山椒買ふ酉の市  石崎宏江
 

・一の酉夜空は紺のはなやぎて  渡邊千枝子




祭り、イベントなどはコロナによる自粛要請で長らく、中止や規模縮小になっていた。
 最近、3年振りに復活という文字をよく見るようになった。

東京浅草の伝統行事である「酉の市」も漸く、3年振りにコロナ以前の祭りに戻ったそうだ。

伝統行事は、過去・現在・未来と引き継がれ、伝えられていく必要がある。
 あまり長く中断することは、伝統を失うことになる。

例句の世界にあるように、心の通う人と祭りの中を歩き、雰囲気を楽しみ買い物をすれば、良い思い出を造ることができる。

今日は、多くの人が、久しぶりの酉の市を楽しんだことだろう。