2022年09月15日 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2022年09月
2022-09-15 (Thu)

2022/09/15 日記  蟋蟀

2022/09/15 日記  蟋蟀

2022/09/15 (木) 旧暦: 8月20日 祝日・節気・雑節・ 朔望:  老人の日 日出: 5時23分 日没:  17時49分 月出:  20時36分 月没:  10時07分 月齢:  18.78 潮汐:  中潮 干支:  辛未 六曜:  先負 九星:  五黄土星 今日のあれこれ: 蟋蟀 『鳴き声でわかる! コオロギくんの気持ち…【小学校理科/コオロギの鳴き方】』 https://youtu.be/_vkh-0RrZbA 『蟋蟀(こおろぎ、こほろぎ)...

… 続きを読む

2022/09/15 () 旧暦: 820日 祝日・節気・雑節・ 朔望:  老人の日 日出: 523分 日没:  1749分 月出:  2036分 月没:  1007分 月齢:  18.78 潮汐:  中潮 干支:  辛未 六曜:  先負 九星:  五黄土星

今日のあれこれ: 蟋蟀

『鳴き声でわかる! コオロギくんの気持ち【小学校理科/コオロギの鳴き方】』

https://youtu.be/_vkh-0RrZbA



『蟋蟀(こおろぎ、こほろぎ) 三秋

【子季語】
 ちちろ、ころころ、ちちろ虫、筆津虫、つづれさせ、姫蟋蟀、えんま蟋蟀、油蟋蟀

【解説】
 秋の虫蟋蟀は種類が多い。おもに黒褐色をしており、草地や暗いところ、家の片隅など身近なところで鳴く。
 蟋蟀の鳴くのを聞くと寂しく、秋の風情がしみじみと感じられる。古名はきりぎりす。 』
(季語と歳時記)



蟋蟀・ちろろの俳句:


・古里の月の夜路をちちろ鳴く   池田節


・熟すまで言葉寝かせてちちろの夜   北川英子


・細り行く月へ蟋蟀鳴き止まず   有元洋剛


・決め難き終の栖やちちろ鳴く   山本浪子


・小刻みにこほろぎの声暁近し   久世孝雄




日本の季節感では、秋には虫の音がある。
マツムシ 、スズムシ、カンタン、コオロギ、クサヒバリ、カネタタキ、ウマオイなどの虫の鳴く声が愛でられている。

日本では虫の声は風流なものとされていて、虫の声に季節感を感じる。 虫カゴに入れて鳴き声を楽しむという文化まである。
 外国では、見られない日本人特有の感性らしい。


時代が変わり、最近では蟋蟀が虫の音とは違う面で、注目されている。

将来の食糧危機に備えるタンパク源としてである。
無印良品が、既に、「コオロギせんべい」として発売している。
「コオロギせんべい」
https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4550344162897


その他では、PASCOがコオロギ粉末の入ったパンを開発し、発売している。

『今度はバゲット 進化するコオロギ食【SDGs 2030年の世界へ】』

https://youtu.be/4sClIRPPp7I


昔は、バッタを食べると言えば、イナゴだったが、イナゴは養殖が難しいが、コオロギは易しいそうだ。

コオロギにとっては受難の時代が、始まっているようだ。