2022年09月12日 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2022年09月
2022-09-12 (Mon)

2022/09/12 日記  立待月

2022/09/12 日記  立待月

2022/09/12 (月) 旧暦: 8月17日 祝日・節気・雑節・ 朔望:  水路記念日 日出: 5時20分 日没:  17時53分 月出:  19時07分 月没:  6時54分 月齢:  15.78 潮汐:  大潮 干支:  戊辰 六曜:  赤口 九星:  八白土星 今日のあれこれ: 立待月 『令和元年農林太鼓定期公演 9「立待月」』 https://youtu.be/j4f6eL7VfY0 (満月から二日後の月を立待月と言う。収穫祭・豊作の喜び・自然に...

… 続きを読む

2022/09/12 () 旧暦: 817日 祝日・節気・雑節・ 朔望:  水路記念日 日出: 520分 日没:  1753分 月出:  1907分 月没:  654分 月齢:  15.78 潮汐:  大潮 干支:  戊辰 六曜:  赤口 九星:  八白土星


今日のあれこれ: 立待月

『令和元年農林太鼓定期公演 9「立待月」』

https://youtu.be/j4f6eL7VfY0
(満月から二日後の月を立待月と言う。収穫祭・豊作の喜び・自然に感謝。)



『立待月(たちまちづき) 仲秋

【子季語】
 立待、十七夜

【解説】
陰暦八月十七日の月のこと。名月のあと、しだいに月の出が遅くなり立待月の頃には、名残りの月の感が深くなってくる。』
(
季語と歳時記)



立待月の俳句:


・高原バス遅延立待月に逢ふ   北尾章郎


・月を待つ闇たのもしき野の廣さ   正岡子規


・下駄履いて立待月の海を見に   武井美代子


・能役者立待月に舞ひ進む  星野 椿


・立待の月なれば窓に佇ちて待つ  村山故郷




立待月の動画を探したが、今日は見つけることができなかった。

外に出て空を見てみると、薄い雲がかかっていたが
月の形は見ることができた。
月の高さも低い。

立待月は高原とか海とか空の大きく開けたところで、のんびりと月の昇るのを待つという心の余裕も必要で、環境も見る人の心の余裕も必要なことが判った。

いずれ世の中が落ち着いたら、高原に出てみよう。