2022年06月12日 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2022年06月
2022-06-12 (Sun)

2022/06/12 日記 苺狩

2022/06/12 日記 苺狩

2022/06/12 (日) 旧暦: 5月14日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 4時24分 日没:  18時57分 月出:  16時27分 月没:  2時15分 月齢:  12.65 潮汐:  中潮 干支:  丙申 六曜:  赤口 九星:  九紫火星 今日のあれこれ: 苺狩 『【特集】バラ園やホテル… 新感覚のいちご狩り♪』 https://youtu.be/-5oWKPSLG2I 『苺(いちご) 初夏 【子季語】  覆盆子(いちご)、苺摘、...

… 続きを読む

2022/06/12 () 旧暦: 514日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 424分 日没:  1857分 月出:  1627分 月没:  215分 月齢:  12.65 潮汐:  中潮 干支:  丙申 六曜:  赤口 九星:  九紫火星


今日のあれこれ: 苺狩

『【特集】バラ園やホテル… 新感覚のいちご狩り

https://youtu.be/-5oWKPSLG2I



『苺(いちご) 初夏

【子季語】
 覆盆子(いちご)、苺摘、苺畑 

【関連季語】
 苺の花

【解説】
 赤く柔らかな苺は本来初夏のもの。今ではハウスで年中、栽培されるが、露地ものは五月から六月にかけて赤く熟す。円錐形の果実の表面には細かい種があって、それがぶつぶつした食感になる。

【来歴】
 『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。

【文学での言及】
【科学的見解】
 苺は、バラ科オランダイチゴ属の多年草で、一般に食用となるのはオランダ苺である。日本には江戸時代の終わりころにオランダから輸入され、明治になって本格的に栽培される。花期は四月から五月。地を這うような葉の間から花茎を伸ばし、白色五弁の小さい花をつける。通常、果実として食べるのは、花托(花柄の先端部分)が肥大した部分である。日本には、在来のオランダイチゴ属の植物として、シロバナノヘビイチゴやエゾノクサイチゴ、ノウゴウイチゴなどが存在し、苺同様の果実を形成するが、オランダ苺と比べると小さい。(藤吉正明記)』
(季語と歳時記)



苺狩・苺摘みの俳句:


・街中にして苺狩出来る場所  稲畑汀子


・苺摘む太陽の子を拾ふごと  遠藤芳郎


・苺摘む花また花を摘むごとく  鷹羽狩行


・苺摘み篭にいっぱい夢も摘む  矢野文子


・爪紅を染めてぞハウス苺摘む  平畑静塔




元々は苺狩・苺摘みといえば、野山を歩き、自然の野いちごなどを摘む遊びを言う言葉だが、今ではハウス栽培された場所に行き、入場料を支払って苺を食べる遊びに変わっている。

ハウス苺の苺狩は、早春から行われており、もう盛りを過ぎた地域も多いかもしれない。
最近の新しい苺は巨大なものがあり、昔の指で摘んで口に入れる大きさではなく、手のひらに乗せる立派なものもあるそうだ。

今日は、梅雨入りの場所も多いが、晴れの日曜日になった。
ハウス苺の苺狩を楽しんだ家族も多かったことだろう。

平和に苺狩を楽しむ事ができる日本を守っていかなければと思う。