2022年06月01日 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2022年06月
2022-06-01 (Wed)

2022/06/01 日記 六月

2022/06/01 日記 六月

2022/06/01 (水) 旧暦: 5月3日 祝日・節気・雑節・ 朔望:  電波の日、気象記念日 日出: 4時26分 日没:  18時51分 月出:  5時22分 月没:  20時37分 月齢:  1.65 潮汐:  大潮 干支:  乙酉 六曜:  先勝 九星:  七赤金星 今日のあれこれ: 六月 「六月の雨  小椋佳」 https://youtu.be/zrJdwrNjsQc 『六月(ろくがつ/ろくぐわつ)  仲夏 【子季語】  六月来る 【解説...

… 続きを読む

2022/06/01 () 旧暦: 53日 祝日・節気・雑節・ 朔望:  電波の日、気象記念日 日出: 426分 日没:  1851分 月出:  522分 月没:  2037分 月齢:  1.65 潮汐:  大潮 干支:  乙酉 六曜:  先勝 九星:  七赤金星


今日のあれこれ: 六月

「六月の雨  小椋佳」

https://youtu.be/zrJdwrNjsQc



『六月(ろくがつ/ろくぐわつ)  仲夏

【子季語】
 六月来る

【解説】
 六月と言えば、ほぼ梅雨の時期に当たる。じめじめしていやな季節である一方、稲作には貴重な水をもたらしてくれる。
 山々は緑におおわれ、夜は蛍が飛び、紫陽花や菖蒲などが花開く月でもある。』
(季語と歳時記)



六月の俳句:

・六月のあなたが居ない京の路地   たかはしすなお

・六月の雨青々と大窪寺   山田弘子

・六月の空白し雨生まれけり   藤丸誠旨

・六月のあめつち青し目つむりても  川崎俊子

・六月のうねりの山を見に來たる   伊藤多恵子

・六月の海みてまなこ養なへり  長谷川双魚

・六月のまなざし深き椎の木よ  折笠美秋

・六月のわが影踏みて青年過ぐ  河野多希女

・六月の雨なき雲の白さかな   今橋眞理子

・六月の雲渡り行く湖水かな   加藤あけみ

・六月の何處にでもゐる町雀  高澤良一

・六月の賀の実朝の能を舞ふ   粟津松彩子

・六月の岩すべりゆく水の色   本多俊子

・六月の信濃濃みどり薄みどり   矢崎すみ子

・六月の真珠筏に光る雨  田中千恵

・六月や混沌として空と海   宇都宮敦子



今日から六月。

「六月」の例句は、数多い。

これだけ選んでみても
六月を詠み尽くすことは難しい。