2022年05月18日 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2022年05月
2022-05-18 (Wed)

2022/05/18 第372回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その1)

2022/05/18 第372回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その1)

  コロナ感染騒ぎが始まって、夜、外で飲む機会は激減した。今日は、岐阜の酒の中島屋主催の酒宴が開催され、会場が人気店の手酌割烹てら田なので、一瞬悩んだが、参加申し込みをした。JR東海道線で岐阜駅に着く。以前は、機会のある都度、駅前の金色に輝く信長公に拝謁する習わしだったが、久しぶりに拝謁をお願いすることになった。18時を過ぎると夏近いとは言え、駅前には夜の帳が近づいていた。暗い中でも、信長公は燦然...

… 続きを読む

 


コロナ感染騒ぎが始まって、夜、外で飲む機会は激減した。

今日は、岐阜の酒の中島屋主催の酒宴が開催され、会場が人気店の手酌割烹てら田なので、一瞬悩んだが、参加申し込みをした。

JR
東海道線で岐阜駅に着く。
以前は、機会のある都度、駅前の金色に輝く信長公に拝謁する習わしだったが、久しぶりに拝謁をお願いすることになった。

18
時を過ぎると夏近いとは言え、駅前には夜の帳が近づいていた。
clip_image002[4]

暗い中でも、信長公は燦然と輝いて居られる。
clip_image004[4]

信長公もマスクで防御されておられるので、コロナなどに負けるものではない。

clip_image005[4]

ご拝謁を終え、駅前の今日の宴の会場手酌割烹てら田さんに、向かった。


【今日のお酒】

この酒宴は、主催者の酒の中島屋店主のテーマによって出品酒がグループ化され登場する。

テーマに沿って、各銘柄を利き比べ、検討することが出来る。

そのシナリオは、受付時に配布される「利き酒メモ」に記載されているので、利き比べ中も、酒宴が終わった後もデータとして利用できる。

今日のテーマは、以下の通り、5つ。
お酒は、14銘柄になっている。


<乾杯>
・玉川アイスブレーカー純米吟醸無ろ過生原酒

<夏のお酒>
・芳水 土用酒 吟醸生貯蔵
・新亀 純米 ライト生酒
・白岳仙 夏虫 純米吟醸 生
・開運 涼々 特別純米

<個性派純米酒飲み比べ>
・鯨波 純米吟醸 袋吊り
・長珍 純米60 無濾過生原酒 
・墨廼江 純米大吟醸 八反錦 
・四季桜 純米吟醸

<今日の贅沢 吟醸酒 飲み比べ>
・日高見 純米吟醸 吟のいろは
・小左衛門 純米大吟醸 黒ラベル
・蓬莱泉 吟 純米大吟醸 限定生

<熟・醇を飲む>
・玉川 アイスブレーカー 純米吟醸 無濾過生原酒
2019
7月詰 冷蔵三年熟成
・手取川 大吟醸 全国新酒鑑評会入賞酒
2005
6月詰 詰後冷蔵12年熟成

今日の出品酒の勢ぞろい
clip_image007[4]
(玉川アイスブレーカーの3年熟成を入れ忘れたので、13本になっている。
玉川のラベルは3年熟成も同じである。)


以下、出品酒の印象を記載しているが、個人の嗜好による印象なので、客観性はないことを予めご承知をお願いしたい。

<乾杯>
先ずは玉川で乾杯。

・玉川アイスブレーカー純米吟醸無ろ過生原酒
clip_image008[4]

clip_image009[4]

clip_image010[4]
立香はフルーティーな香り。吟醸香というより甘い香り。 甘い入り口、酸は大きくは膨らまないが、滑らか。中盤、辛味のパンチがあり、この酒の主張を感じさせる。後半の切れ良い。ふんわりとした甘みの追いかけも感じる。


<夏のお酒>

・芳水 土用酒 吟醸生貯蔵
clip_image011[4]

clip_image012[4]

clip_image013[4]
立香はあまり感じない。すっきりとした入口、とろりとした舌触り。酸は透明でなめらか、味わいの押し付けはなく、穏やかな味わいになっている。後半の切れ良い。食中酒として適性を持っている。


・新亀 純米 ライト生酒
clip_image014[4]

clip_image015[4]
立香はあまり感じない。 甘い入り口、味わいはバランスよく纏まっている。すっきりとした飲み口で、酸は広がりはないが、中程度の広がり、程の良さを感じさせる、バランスの良いのが身上と思われる。後口も良い、食中酒として幅広い料理に合いそうだ。


・白岳仙 夏虫 純米吟醸 生
clip_image016[4]

clip_image017[4]

clip_image018[4]
立香はあまり感じない。トロリとした舌触り。なめらかな酸、透明感を感じる。味わいはすっきりとして切れも良い。


・開運 涼々 特別純米
clip_image019[4]

clip_image020[4]

clip_image021[4]
立香は甘い香り、ほのかな香りだが、独自の個性を感じさせる香りのような気がする。甘い入口、トロリとした舌触り。酸は大きさを感じる。含み香は吟醸香が軽く漂う。後半、軽い渋味と辛味が味を締めている。


<個性派純米酒飲み比べ>

・鯨波 純米吟醸 袋吊り
clip_image022[4]

clip_image023[4]

clip_image024[4]
立香は、軽くて甘い吟醸香。甘い入口。酸は中程度でなめらか、辛味が後を追い、味を締める。含み香も吟醸香。後半、苦味が味を締める。残り香も吟醸香の余韻。


・長珍 純米60 無濾過生原酒 
clip_image025[4]

clip_image026[4]
立香はほのかに甘い香り。甘い入口、その後スーッとする酸を感じる、発泡感だろうか。中盤以降スッキリとして切れる。酸の切れの良さと爽やかな味わいが身上の酒。


・墨廼江 純米大吟醸 八反錦 
clip_image027[4]

clip_image028[4]

clip_image029[4]

clip_image031[4]
立香りは軽く甘いもの。 甘い入口。トロリとしている滑らかな酸の後に軽い苦味を感じる。中盤やや重い感じがするが、味のバランスは良い。


・四季桜 純米吟醸
clip_image032[4]

clip_image033[4]
立香は甘い。 甘い入口、すぐ辛味が続き、やや重い感じの酸はすぐ終わり、広がりはあまり感じない。渋味と苦味が続く。中に集まる傾向があり、少し広がりが欲しい世界だ。



・日高見 純米吟醸 吟のいろは
clip_image034[4]

clip_image035[4]

clip_image036[4]
立香は程良い吟醸香。上品な印象を感じさせる。甘い入口、酸は広がり過ぎず、その後辛味が押してくる。含み香は吟醸香。味のバランスは良い。後口は辛味系でピリリとした味わい。
ぬる燗:味わいが軽やかになるが大きくは変わらない。


・小左衛門 純米大吟醸 黒ラベル
clip_image037[4]

clip_image038[4]

clip_image039[4]

clip_image040[4]
立香は甘くスッキリとした香り。甘い入口。酸はトロリとして膨らみがある。含み香も吟醸香。上品さの中に押しも感じさせる。こだわりの世界を感じる。良いと言うか上級者向けの世界だと思う。
ぬる燗:立香は、吟醸香。甘く広がり、スーッと広がり消えて行く、上品さの中に切れの良さも感じる。


・蓬莱泉 吟 純米大吟醸 限定生
clip_image041[4]

clip_image042[4]

clip_image043[4]
立香はほのかに甘い、明確な吟醸香は感じない。味わいはバランスが良く旨味を感じさせるもので確りとした世界を感じさせる。甘・酸・辛・苦・渋の味の主張に個性を感じさせるのではなく、味のバランスの中に旨味を感じさせる味わい。


<熟・醇を飲む>

・玉川 アイスブレーカー 純米吟醸 無濾過生原酒
2019
7月詰 冷蔵三年熟成

clip_image044[4]
(この写真は、2021年のアイスブレーカーを表示している)

乾杯酒のアイスブレーカーと比べると香り、辛味のパンチが丸くなり、滑らかさが出るような印象だが活発な印象は新酒と大きくは変わらない。 冷蔵三年熟成だが、この酒もう少し寝かせた方が、より熟成する余力を持っている印象だ。


・手取川 大吟醸 全国新酒鑑評会入賞酒
clip_image045[4]

clip_image046[4]

clip_image047[4]
2005
6月詰 詰後冷蔵12年熟成
12
年の熟成酒だが、老香とかの嫌な香りは全くない。穏やかな快い香りを感じる。トロリとした舌触りで、熟成酒特有の肌理の細かさを感じる。含み香も老香等の香りは無い。
熟成酒の良さを感じさせる香りと味わいになっている。 日本酒も管理が良ければ長期熟成をさせる事が可能である事を感じさせる味香の実例と言える。



<出品酒 覚書>

・人気の玉川アイスブレーカー2021年と2019年の利き比べ
人気の玉川の印象は、香りが甘くフルーティーで、酸は滑らかで入りやすいが、その後中盤の辛味にパンチ力がありアイスブレーカーの存在感を感じさせる。
 2019年の3年熟成も舌触りの滑らかさ、辛味の丸みなど熟成らしさも感じるが、まだまだ活発で、3年ではまだ熟度が足りない印象、5年、10年などのアイスブレーカーの熟成を利いてみたいと思う。

・夏の酒4酒は、玉川の後なので一層感じたのかもしれないが、味のバランス、味わいの穏やかさがあり、偏り・癖がないので、相手を選ばない食中酒としての適性を感じた。
どの酒も、様々な肴を邪魔すること無く、相手を引き立てる力を持っている印象だ。
 白岳仙はこの処、香りを抑え味の主張を追求する方向性を感じていたが、今日の夏虫は主張し過ぎず、軽く綺麗に終わる印象を受けた。

・個性派純米酒4
 鯨波袋吊りは、香りが好きな人にはお勧め、立香から含み香、残り香に至るまで吟醸香を楽しむことが出来る。
 長珍純米60新聞紙は、久しぶりに飲んだが、良かった。開栓直後は、すーっと鼻に抜ける酸の発泡感のような爽やかさがあり、酸の切れもよく、爽快。時間の経過とともに、酸が落ち着き厚みを増し飲み応えが出る。
 同じ酒で2
度楽しむことが出来る楽しみが多い酒だ。

・吟醸酒3
 日高見、小左衛門、蓬莱泉それぞれ、目指す所が異なるが、それぞれ所を得ていた。
 日高見は、純米吟醸だが吟醸香、味のバランスが良く上品さを感じさせる。後口もピリッとして終わり、後口の演出が良い。価格を考えると、コストパーフォーマンスが良い。
 小左衛門は、酒の中島屋さんでの扱いが一時無かったと思うが、今日の黒ラベルは良かった。立香、舌触り、膨らみ、含み香、切れなど上級酒の世界が提供されており、間違いのない酒だ。
 蓬莱泉の吟は、人気の蓬莱泉の最上級酒。純米大吟醸なのだが、香り立つ吟醸香とか切れの良い爽やかさの世界ではなく、蔵で3年冷蔵熟成され出荷されている熟成の生酒なので味のバランス・厚み・密度に隙がない世界を実現している。
 評価が難しい面もある。鯨波袋吊りの後に飲んだりすると、何これ香りが立たないじゃないのっといった印象になりかねない。飲む人を酒が選ぶ酒と言ったほうが良さそうだ。

・熟成酒2
 玉川3年熟成については、先に書いた通り、まだまだ活発なので、もう少し寝かせてみたい。
 手取川大吟醸12年熟成酒。これは、ここでしか味わえない一期一会のお酒と言って良い世界だった。
 香りも熟成酒にありがちな老香とか刺激性の香りはなく、穏やかな快い立香が漂い、舌触りの肌理の細かさは12年の歳月が作り出すもので、日本酒にもビンテージの世界があることを理解できる貴重な酒だった。




2022-05-18 (Wed)

2022/05/18 第372回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その2)

2022/05/18 第372回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その2)

今日の酒宴の楽しみは、様々な趣向の銘酒に加えて、手酌割烹てら田の料理がいただけることだ。 この取り合わせは、個人的に設定するのは、困難と言って良い。 他のことを考えず、参加した理由は、其処にある。【今日の料理】てら田の料理は、やはり良かった。今日のお品書きは、大きく言えば9品。前菜を細かく分ければ、17品のコースになる。銘酒との取り合わせを考えれば、楽しみは無限に広がる感じだ。<今日の品書き>1.本日...

… 続きを読む


今日の酒宴の楽しみは、様々な趣向の銘酒に加えて、手酌割烹てら田の料理がいただけることだ。
 この取り合わせは、個人的に設定するのは、困難と言って良い。
 他のことを考えず、参加した理由は、其処にある。

【今日の料理】
てら田の料理は、やはり良かった。

今日のお品書きは、大きく言えば9品。
前菜を細かく分ければ、17品のコースになる。
銘酒との取り合わせを考えれば、楽しみは無限に広がる感じだ。

<今日の品書き>
1
.本日の前菜

・峰岡豆腐、ホタルイカ燻製
・桜えびと青菜のお浸し
・鳥松風 、筍旨煮、苺蓮根
・稚鮎甘露煮
・あん肝バター焼
2
.たいら貝と海老とウニのジュレがけ山椒の芽添え
3
.蟹味噌の茶碗蒸し
4.
お造里
5.
海老真薯(えびしんじょ)薬味は塩とレモン
6
.サクラマスのレア・カツのトマトジュレ 山椒の芽添え
7
.牛の赤身のローストと茄子の唐揚げのしゃぶしゃぶ
8
.食事 握り寿司三貫と浅蜊の味噌汁
9
.デザート 杏仁豆腐



1
.本日の前菜
着席すると、目の前には蓋付きの塗箱が置かれている。
蓋の上には本日の前菜の内容を記した品書きが置かれている。これは、ありがたい。

clip_image002

蓋を取り、前菜の全体を見る、楓の若葉に桜えび、蛍烏賊、筍など季節を楽しむ食材が、目に入る。
clip_image004

玉川アイスブレーカーのお猪口を挙げ、全員で乾杯を唱和すれば、美酒と美味の織りなす饗宴の始まりだ。

先ずは、順番通り、峰岡豆腐から行こう。

・峰岡豆腐、ホタルイカ燻製
clip_image006
 峰岡豆腐は、トロリとした舌触り、ネットリとして舌に纏わりつく食感。味はふんわりとした旨味がある。
 ホタルイカはイカの旨味がしっかりと閉じ込められていて、食べていると口の中にイカの燻製の香りが漂う。


・桜えびと青菜のお浸し
clip_image008
 桜えびは香りはあまりなくスッキリとした旨味だけの味わい。
 青菜のお浸しはサクサクとした食感、出汁の旨みが口の中に残る。青菜の食感が丁度良い感じで、口の中がサッパリとする。


・鳥松風 、筍旨煮、苺蓮根
clip_image010
 鳥松風は、トロリとした食感、甘みと旨味がその中にある。
 筍旨煮は 、サクサクの食感、噛んでいるとじわりじわりと筍の旨味が広がる。
 苺蓮根は、蓮根のカリカリとした食感、苺の香りはあまり感じないが、ふんわりと漂う印象がある。


・稚鮎甘露煮
(稚鮎は、筍と楓の若葉の下に潜んでいる。)
clip_image012
 確りとした食感だが、硬くはなく適度な硬さがあり食べ応えがある。 入口は甘いが噛んでいると口の中にじんわりと稚鮎の旨味とほのかな苦味が広がってくる。甘露煮の技術の高さを感じさせる逸品だと思った。


・あん肝バター焼
clip_image014
 食感はホロリとしている。口の中で次第に広がり、溶けていく、それに連れて旨味がふんわりと徐々に広がり大きな旨味の広がりを作り出す、その過程が楽しい。
 香ばしさのある含み香も程よい感じ。美味しい。

2
.たいら貝と海老とウニのジュレがけ山椒の芽添え
clip_image016
たいら貝の大きな殻が、お皿として使われている。

clip_image018
ジュレはとろりとして甘酸っぱくフルーティーで、さっぱりとしている。
 
海老と平貝の貝柱の下にある黄色いソースは卵の黄身だそうで、甘酸っぱいジュレに柔らかくまったりとした味わいを与える効果を持っている。
海老は茹でてあり、ジュレの甘酸っぱさの後、海老の旨味と香りが引き継いで出てくる。
 たいら貝の貝柱はサクサクとしながらトロリとする独特の食感である。


3
.蟹味噌の茶碗蒸し
clip_image020
見たところ普通の茶碗蒸し。
蓋を取ると想定外の料理に、目が留まってしまう。

clip_image022
 熱い茶碗蒸しの上に凍らせた蟹味噌の出汁が乗せてある。
 下の茶碗蒸しの中には蟹の身がたっぷりと入っている。

時間とともに冷凍の蟹味噌の旨味が茶碗蒸しと合わさって蟹味噌と蟹の身と茶碗蒸しの玉子の旨味の三味が合体し始める。そこで旨味の大きさが飛躍する。

 
この茶碗蒸し一椀あれば、お酒はいくらでも飲めるほどの旨味が充満していると思った。


4.
お造里
clip_image024
左より、サクラマス、鰆の塩焼き、鮪のトロ、鯛の昆布締め、蛍烏賊

clip_image026

clip_image028


 サクラマス  トロリとした舌触り、じんわりと旨味が感じられる。 生臭さはまったく感じない。

 鰆の塩焼  サクサクとしながらしっとりとしている食感。鰆の旨味が強く感じられる。旨味の強い鰆の世界を楽しむことが出来る。

 鮪のトロ 文字通りトロトロで、舌の上でとろける滑らかな旨味。次第に旨味が完成する。
 
 鯛の昆布締め 昆布の旨味とトロトロの舌触りから始まり、その後鯛の旨みが尾を引き、長く旨みが楽しめる筋書きになっている。

 
蛍烏賊 口に入れるとはサッパリとしているが、蛍烏賊の小さな身体中には旨味がいっぱい詰まっている。
  

5.
海老真薯(えびしんじょ) 薬味は塩とレモン
clip_image030

clip_image032

clip_image034
 薬味が塩とレモンと2種類用意されているのでそれぞれ味を試してみた。
 レモン:  ふんわりとした食感。噛んでいると旨味が上品な甘さと旨味の方に広がって行く。
 塩  : 味わいはレモンと変わらないが、旨味が強く深くなると感じた。

 旨味なら塩、レモンなら爽やかさが感じられると判った。


6
.サクラマスのレア・カツのトマトジュレ 山椒の芽添え
clip_image036

clip_image038
 サクラマスのカツはカリカリの食感。トマトのジュレソースは、ほのかに甘く上品な甘みがある。
 トマトはさっぱりして口を爽やかにする。


7.牛の赤身のローストと茄子の唐揚げのしゃぶしゃぶ
clip_image040

clip_image042

clip_image044
しゃぶしゃぶのタレは、日本酒と赤ワインとわさびで作られているそうで、トロリとして甘味がある。

 牛肉の赤身のローストは、パサパサせずジューシーな柔らかい食感で、噛んでいると、牛の旨味が出てくる。
 茄子は甘くとろりとした食感。茄子の味は、出汁とバターの香ばしい風味で美味しい。


8.食事 握り寿司三貫と浅蜊の味噌汁
clip_image046

clip_image048
 握り寿司は、
 鮪赤身: ネタが大きく、口の中にたっぷりとした充実感。
 サーモン: トロリとした食感で、寿司ネタとしてサーモンの人気が理解できる。
 平目白身: シコシコの食感が楽しめ、上品な旨味が糸を引くように消えていく。

浅蜊の味噌汁
clip_image050

clip_image052
 浅蜊の味噌汁 味噌汁は合わせ味噌のサッパリとした味わい。浅蜊の身を噛むと旨味が味噌の旨味を追いかける。


9.デザート 杏仁豆腐
clip_image054
 トロリとした舌触りの後ねっとりとした食感があり、ツルツルとした中華の杏仁豆腐とは舌触りが違う。軽く甘いすっきりとした味わい。
 残り香がミルキーで、洋風の杏仁豆腐と言った方がわかりやすいかも知れない。
中華風の杏仁豆腐より、この杏仁豆腐を食べたい。




2022-05-18 (Wed)

2022/05/18 第372回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その3)

2022/05/18 第372回季節の美味しさと日本酒を楽しむ集い(その3)

【感想】1.コロナ感染がまだ収まっては居ないが、政府はウイズ・コロナへ舵を切ろうとしている。 確かに、コロナ拡大を防止するには人と人との接触を限りなく減らさなければならない。しかし、自粛も3年目に入ると、弊害が表面化している。 出来事で言えば、芸人上島竜兵の自死が象徴的だ。本当の理由は本人しか知らないが、仕事の面ではコロナのために、チューをしたりするギャグ使えなくなり、真ん中に透明な板を置く対応に...

… 続きを読む


【感想】

1.コロナ感染がまだ収まっては居ないが、政府はウイズ・コロナへ舵を切ろうとしている。
 確かに、コロナ拡大を防止するには人と人との接触を限りなく減らさなければならない。しかし、自粛も3年目に入ると、弊害が表面化している。
 出来事で言えば、芸人上島竜兵の自死が象徴的だ。本当の理由は本人しか知らないが、仕事の面ではコロナのために、チューをしたりするギャグ使えなくなり、真ん中に透明な板を置く対応になるが、これではギャグにならない。また、私生活では後輩たちとの親睦会「竜兵会」が自粛のために開けなくなり、寂しいと言っていたそうだ。
 3年前とは違う、ワクチンを3回打っているから、ウイズ・コロナでいけるだろう、今では自粛の弊害を避けることも必要だ。
 感染対策をすれば、夜の宴も許されるのではないか。

その様な、状況下で、この酒宴のご案内を頂いた。
美酒とてら田さんの美味の宴があれば、たとえ夜だとしても、出席するべきだと考えを改めた。

2.今日の酒の感想
 個々の酒の印象は、記事(その1)の通りだが、付け足したいことを書く。

テーマ<夏のお酒>4酒は、それぞれ味のバランスが良く、味わいも穏やかな酒だったので、暑い時期でも、食中酒として楽しむことが出来ると感じた。

テーマ<個性派純米酒飲み比べ>では、
鯨波と長珍が印象に残った。
鯨波は、吟醸酒にたっぷり浸りたい人にはお勧めのお酒。手間のかかる袋吊りのお酒なのだが、価格はリ-ズナブルで、他の純米大吟醸より吟醸香を楽しむことが出来る。

長珍の新聞紙は、久しぶりに飲んだが、流石に長珍、酸の切れが素晴らしかった。
 発泡感を感じさせるような爽やかな味わいと酸の切れが相俟って長珍らしさ全開だった。

テーマ<今日の贅沢 吟醸酒 飲み比べ>では、
価格帯が異なる3酒だったが、それぞれ所を得て、自分の世界を持っているお酒だった。

日高見は、価格帯はリーズナブルな純米吟醸だが、品の良さを感じさせる世界を持っていて、香り、味わい、後口の切れなど、純米大吟醸クラスのレベルを持っている。

小左衛門黒ラベルは、香り、味わい口当たり、どれも拘りを感じさせる出来で、上級志向の人も満足できる本格的純米大吟醸と言える。
 担当幹事さんが、敢えて純米大吟醸をぬる燗にして、飲ませていただいたが、これが素晴らしかった。立香の吟醸香と中盤の品の良い味わいと押しの後、終盤にかけて広がりスーッと消えていく余韻が気持ち良さを誘った。
 冷やしてもぬる燗でも、両方行ける、純米大吟醸だ。

蓬莱泉の吟は、重厚な酒だ。純米大吟醸を敢えて3年寝かして、余分な香りと味を消して、快い含み香と確りとした厚い味の厚みを取り出している。
 ブラインドで日高見と利き比べをすると、人によっては日高見に軍配を上げると思うが日本酒を飲み込んだ人は、吟の重厚さに軍配を上げると思う。

日本酒は難しくて、だから楽しい。

テーマ<熟・醇を飲む>
玉川アイスブレーカーは、今日は2021BY2019BYの飲み比べだった。
 アイスブレーカーの元気さパンチ力は3年でもまだまだ十分だった。5年でもまだだろう。10年、20年の熟成酒がどの様な世界を味あわせてくれるか、いつの日か利いてみたいと思う。

手取川の大吟醸の12年熟成。この酒の中島屋さんの酒宴でしか味わうことの出来ない一期一会の酒だった。
 家庭用冷蔵庫では12年の熟成は、難しいだろう。
この舌触りの滑らかさ、肌理の細かさは、適正な冷蔵保存と長い歳月でしか実現できないものだと思う。
 次はいつ登場するかは判らないが、いずれまた次のスターが登場することだろう。コロナ騒ぎが終われば、夜の酒宴にも出なければ...


3.全体としての感想

 手酌割烹てら田の拘りの料理を肴にして、全国の美酒をとっかえひっかえ利き比べると言うのは、考えてみれば贅沢なことだ。当然のことだが、個人で出来ることではない。
 酒の中島屋さんの選ばれた銘酒とてら田さんの創意溢れた美味が揃って初めて入ることが出来る世界だ。
 両店に感謝する他は無い。 次の機会をまたよろしくお願いしたい。





2022-05-18 (Wed)

2022/05/18 日記 手毬花

2022/05/18 日記 手毬花

2022/05/18 (水) 旧暦: 4月18日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 4時34分 日没:  18時41分 月出:  21時24分 月没:  5時54分 月齢:  17.27 潮汐:  大潮 干支:  辛未 六曜:  先負 九星:  二黒土星 今日のあれこれ: 手毬花 「オオデマリ植物紹介」 https://youtu.be/UCULzZR7DJ4 『繍毬花(てまりばな)  初夏 【子季語】  粉団花、おおでまり、手鞠の花 【解説...

… 続きを読む

2022/05/18 () 旧暦: 418日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 434分 日没:  1841分 月出:  2124分 月没:  554分 月齢:  17.27 潮汐:  大潮 干支:  辛未 六曜:  先負 九星:  二黒土星


今日のあれこれ: 手毬花

「オオデマリ植物紹介」

https://youtu.be/UCULzZR7DJ4



『繍毬花(てまりばな)  初夏

【子季語】
 粉団花、おおでまり、手鞠の花

【解説】
 スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木。初夏。庭木として人気が高く、花の時期には見栄えのする大きな手毬風の花が枝いっぱいに開く。』
(季語と歳時記)



手毬花・おおでまりの俳句:


・大でまり小でまり佐渡は美しき  高浜虚子


・円空仏笑ませ給へり手毬花  野田しげこ


・手毬花日蔭の斜面明るうす   芦川まり


・小手毬の雨を含みて重き白  川上綾子


・庭先の白さ目にしむてまり花   永見嘉敏




虚子はあまり親しみを感じない俳人だが、手毬花の句は素直な感慨で共感できた。

前に住んでいた家の玄関近くのアプローチにおおでまりの樹が植えられていた。
 春になると花芽ができ、季節が進むに連れて、大きくなり、やがてミニチュワの緑の玉ができる。

その玉は次第に白くなる。
白くなるが真っ白ではない。
薄緑の白粉を刷いたような明るい白だ。

ある日、見ると、うす緑のオオデマリは白のおおでまりに変わっている。
 毎日見ているから気づかないのか、一夜のうちに変わってしまうのか知らないが、その時は白いおおでまりですと言っている。

自然の色の変化は、人の感覚を超えている。
花の色には目眩まされ、驚かされるばかりだ。