2022年05月14日 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2022年05月
2022-05-14 (Sat)

2022/05/14 日記 柿若葉

2022/05/14 日記 柿若葉

2022/05/14 (土) 旧暦: 4月14日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 4時37分 日没:  18時38分 月出:  16時28分 月没:  3時17分 月齢:  13.27 潮汐:  中潮 干支:  丁卯 六曜:  大安 九星:  七赤金星 今日のあれこれ: 柿若葉 「5月の若葉で作ろう、麦茶風味の柿の葉茶。アンチエイジングにも、お勧めします。」 https://youtu.be/ABpt2ezkMWU 『柿若葉(かきわかば)   ...

… 続きを読む

2022/05/14 () 旧暦: 414日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 437分 日没:  1838分 月出:  1628分 月没:  317分 月齢:  13.27 潮汐:  中潮 干支:  丁卯 六曜:  大安 九星:  七赤金星


今日のあれこれ: 柿若葉

5月の若葉で作ろう、麦茶風味の柿の葉茶。アンチエイジングにも、お勧めします。」

https://youtu.be/ABpt2ezkMWU



『柿若葉(かきわかば)
  初夏

【解説】
 柿紅葉も鮮烈で美しいが、初夏の頃、柿若葉は透きとおるような 美しさ見せる。
 さまざまな新緑の中でも格別のみずみずしさである。
幹や枝の色、晴れた空の色とのコントラストがことに印象深 い。』
(季語と歳時記)



柿若葉の俳句:


・夜の風雨去りてきらめく柿若葉   阿部文子


・飽食や天麩羅種の柿若葉   松本文一郎


・幼な児の声ほれぼれと柿若葉   島津亮


・瑠璃色の水を零せり柿若葉  真鍋つとむ


・梵妻の声初々し柿若葉   山本漾子




名古屋周辺は、昨日は雨が降り続いた。
今日の夜半は、風も強く暴風雨だったようだ。
雨がようやく終わり、昼前から雲が切れ、陽の光がすべてのものを明るく照らし始めた。

通りに面した家の庭に植えられている柿の木がある。
強い風雨のあと、柿の若葉は輝きと艶を一層増していた。

若葉の動画を探していると、季語の方面の動画は見つからず。実利的な方面の柿の若葉の動画が目についた。
 柿の若葉は目にも美しいが、それだけでは終わらない有用性を持っているそうだ。

 柿は実だけでなく葉っぱも有効活用できる!
柿の葉には抗菌作用や防腐効果があり、柿の葉寿司が作られるのはよく知られている。

柿の葉は、抗菌だけではなく、栄養素も多いので飲用・食用にも使われている。
 柿の葉を乾燥させ作る茶のビタミンCは、熱に強い「プロビタミンC」だそうで、緑茶の30倍、レモンの約20倍も含んでいる。
 また、土佐では柿の葉を天ぷらにして食べるそうだ。

ビタミンCは、美肌・美白効果がある。
また、ポリフェノールなどの成分を含み、便秘解消効果・風邪予防・貧血改善・高血圧予防・血圧調整・糖尿病の予防・
アンチエイジング・二日酔い回復など多くの効果を持っている。
 植える場所があれば、柿の木を1本植えれば、家内の美容・健康が保たれる勢いだ。


山本の句。
「梵妻」が解らなかった。
調べてみると、
『梵妻(だいこく)
僧侶(そうりょ)の隠し妻をいう。ぼんさいとも読み、また大黒とも書く。大黒は厨房(ちゅうぼう)に祀(まつ)られる神であることから、寺院の飯炊き女をさした。転じて、かつて正式に妻帯を認められない寺院において、世をはばかって、飯炊き女と偽って隠しもった妻をさす。また妻帯を許している宗旨では、寺の女房を大黒ともいった。
[稲垣史生]
』(日本大百科全書(ニッポニカ)より転載)

それは判ったとして、今度は句の状況が判らない。
山本氏が自身が「梵妻」なのだろうか。
菩提寺の若奥さんなのだろうか。
単なる知り合い、お友達なのだろうか。
...
難しい句だ。