2022年05月11日 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2022年05月
2022-05-11 (Wed)

2022/05/11 日記 若葉

2022/05/11 日記 若葉

2022/05/11 (水) 旧暦: 4月11日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 4時39分 日没:  18時35分 月出:  13時11分 月没:  1時54分 月齢:  10.27 潮汐:  長潮 干支:  甲子 六曜:  友引 九星:  四緑木星 今日のあれこれ: 若葉 「目にまぶしい若葉の風景「新緑の谷 」 ( ドローン空撮 drone4k動画)」 https://youtu.be/LQD-L6J8ep4 『若葉(わかば)  初夏 【子季語】...

… 続きを読む

2022/05/11 () 旧暦: 411日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 439分 日没:  1835分 月出:  1311分 月没:  154分 月齢:  10.27 潮汐:  長潮 干支:  甲子 六曜:  友引 九星:  四緑木星


今日のあれこれ: 若葉

「目にまぶしい若葉の風景「新緑の谷 」 ( ドローン空撮 drone4k動画)」

https://youtu.be/LQD-L6J8ep4



『若葉(わかば)  初夏

【子季語】
 朴若葉、藤若葉、若葉寒

【関連季語】
 青葉、草の若葉、茂、新緑、新樹

【解説】
 おもに落葉樹の新葉のこと。やわらかく瑞々しい。若葉をもれくる日ざし、若葉が風にそよぐ姿、若葉が雨に濡れるさまなどいずれも美しい。

【来歴】
 『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。

【文学での言及】
 かげひたす水さへ色ぞ緑なるよもの梢の同じ若葉に 藤原定家『夫木和歌抄』

【実証的見解】
 「青葉」という季語もあるが、季語としては若葉より歴史が浅い。芭蕉がおくの細道の途中、日光で「あらたふと青葉若葉の日の光」と詠んだ当時はまだ青葉は季語ではなかった。「朴若葉」などと柿や椎、樟など樹種を冠して詠んだり、「山若葉」などと里や庭、谷など場所を冠して詠むことも多い。』
(季語と歳時記)



若葉の俳句:


・安達太良山の間近に青葉若葉かな   石山民谷


・梓川風のテラスで若葉光   秋野火耕


・賤ヶ岳青葉若葉に鎧はるる  野原春醪


・伊勢臨む渡しに通ふ若葉風   山田をがたま


・宇治に仰ぐ日月白き若葉かな  渡邊水巴


・六甲の嶺こそばゆき若葉風   鶴目鯛遊子




若葉の季節だ。
桜の花は終わり、今は薔薇、花は勿論美しい。
しかし、この季節花はなくても、若葉が美しい。

例句を読んでいると、日本全国の美しい若葉が詠まれている。
 この季節、日本は至る所美しい。至る処、若葉が輝いている。

建物中にいるべきではない。
野山の若葉を見に行こう。
時間がなければ、近くの公園でも良い。

若葉が輝く日本なのだから。