2022年05月10日 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2022年05月
2022-05-10 (Tue)

2022/05/10 日記 新茶

2022/05/10 日記 新茶

2022/05/10 (火) 旧暦: 4月10日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 4時40分 日没:  18時34分 月出:  12時09分 月没:  1時24分 月齢:  9.27 潮汐:  小潮 干支:  癸亥 六曜:  先勝 九星:  三碧木星 今日のあれこれ: 新茶 「2022年新茶の収穫|収穫編|加工編もあります|【小さなお茶農家#16】」 https://youtu.be/zJVTCRVpqbU 『新茶(しんちゃ)  初夏 【子季語】...

… 続きを読む

2022/05/10 () 旧暦: 410日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 440分 日没:  1834分 月出:  1209分 月没:  124分 月齢:  9.27 潮汐:  小潮 干支:  癸亥 六曜:  先勝 九星:  三碧木星


今日のあれこれ: 新茶


2022年新茶の収穫|収穫編|加工編もあります|【小さなお茶農家#16】」

https://youtu.be/zJVTCRVpqbU



『新茶(しんちゃ)  初夏

【子季語】
 走り茶、古茶、陳茶、茶詰

【解説】
お茶は年四回摘み取られるが、その年の最初に摘み取られるお茶を新茶という。一番茶であり、走り茶とも言う。
 四月の終わりから五月中頃までである。香りはよく、おいしいお茶である。静岡茶や宇治茶が有名。』
(季語と歳時記)



新茶の俳句:


・静岡よ宇治よと讃へ新茶かな   二村蘭秋


・味まろき南部鉄瓶新茶酌む   遠藤清子


・扁額は和顔愛語や新茶汲み   秦和子


・筍を届け新茶を貰ひけり   高倉恵美子


・鄙ぶりの餅の甘さよ新茶くむ   徳田千鶴子




新茶を飲む楽しみは確かなものだ。
お茶だから、古茶も美味しい。
しかし、新茶の歓びは確かにある。

それは、季節のものだから。
今年もまた、産地で育てられた若芽が収穫され、生まれたてのお茶が作られ、待っている人に届けられる。

新茶を好みの温度、濃さで淹れて淹れて口に含む。
香りが鼻に抜け、若々しい味わいが口の中に広がる。
恙無く新しいお茶を飲むことが出来る仕合せを実感出来る。

一人でも良いが、できれば心が通う人と、ゆっくりとした時間を楽しめれば尚良い。

加えて、草餅でも和三盆でもたとえケーキであっても、茶菓子があれば、それは贅沢というもの。

そんな事が楽しめるのは、今、この時。