2022年05月09日 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2022年05月
2022-05-09 (Mon)

2022/05/09 日記 苺

2022/05/09 日記 苺

2022/05/09 (月) 旧暦: 4月9日 祝日・節気・雑節・ 朔望:  上弦 日出: 4時41分 日没:  18時33分 月出:  11時08分 月没:  0時52分 月齢:  8.27 潮汐:  小潮 干支:  壬戌 六曜:  赤口 九星:  二黒土星 今日のあれこれ: 苺 「もうすぐゴールデンウィーク イチゴ農場では客足に期待 秋田・羽後町 (2022/04/26 19:22)」 https://youtu.be/Hz5vSd3Erqg 『苺(いちご)  初...

… 続きを読む

2022/05/09 () 旧暦: 49日 祝日・節気・雑節・ 朔望:  上弦 日出: 441分 日没:  1833分 月出:  1108分 月没:  052分 月齢:  8.27 潮汐:  小潮 干支:  壬戌 六曜:  赤口 九星:  二黒土星


今日のあれこれ: 苺

「もうすぐゴールデンウィーク イチゴ農場では客足に期待 秋田・羽後町 (2022/04/26 19:22)

https://youtu.be/Hz5vSd3Erqg



『苺(いちご)  初夏

【子季語】
 覆盆子(いちご)、苺摘、苺畑

【関連季語】
 苺の花

【解説】
 赤く柔らかな苺は本来初夏のもの。今ではハウスで年中、栽培されるが、露地ものは五月から六月にかけて赤く熟す。円錐形の果実の表面には細かい種があって、それがぶつぶつした食感になる。

【来歴】
 『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。

【文学での言及】
【科学的見解】
苺は、バラ科オランダイチゴ属の多年草で、一般に食用となるのはオランダ苺である。日本には江戸時代の終わりころにオランダから輸入され、明治になって本格的に栽培される。花期は四月から五月。地を這うような葉の間から花茎を伸ばし、白色五弁の小さい花をつける。通常、果実として食べるのは、花托(花柄の先端部分)が肥大した部分である。日本には、在来のオランダイチゴ属の植物として、シロバナノヘビイチゴやエゾノクサイチゴ、ノウゴウイチゴなどが存在し、苺同様の果実を形成するが、オランダ苺と比べると小さい。(藤吉正明記)』
(季語と歳時記)



苺の俳句:


・空ひろく晴れたり苺地に熟す  大野林火


・出羽の国朝のつめたき苺喰ふ  細見綾子


・熟れそめし葉蔭の苺玉のごと  杉田久女


・月の出に百紅らむか苺畑  石川桂郎


・珠のごとき苺頒つや母と子の  鈴木真砂女




苺の例句を読むと、苺と言ってもイメージは一様ではない。
木苺、蛇苺など山野に自生する苺の句も多い。
一般的には、お店で売られている温室栽培の果物の苺だろう。

最近は、店頭に並ぶ苺も新しく開発され立派な名前がつけられていて、昔のように同じイメージではない。

最近は苺が大きくなっている。
苺を大きくする技術や新しい品種がそれを可能にしているようだ。
 これが苺とびっくりするような苺がある。一粒が小さな蜜柑くらいの大きさがある。
 苺は見ていて美しい。色、艶、肌などが語りかけてくる。
 食べてしまうのが惜しいような気がするが、エイヤッと食べてしまう。

昔のような季節感は乏しくなっているが、店頭の苺や苺狩には季節感は感じられる。

久しぶりに、苺狩に行ってみようか...