2022年01月29日 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2022年01月
2022-01-29 (Sat)

2022/01/29 日記 雪見

2022/01/29 日記 雪見

2022/01/29 (土) 旧暦: 12月27日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 6時43分 日没:  17時05分 月出:  3時51分 月没:  13時31分 月齢:  26.35 潮汐:  中潮 干支:  壬午 六曜:  友引 九星:  一白水星 今日のあれこれ: 雪見 「旅行 この冬行きたい!雪見風呂を堪能できる温泉地 【5選】」 https://youtu.be/yKpU4yGmV-k 『雪見: 雪見の宴、雪見船、雪見酒、雪見行、雪見...

… 続きを読む

2022/01/29 () 旧暦: 1227日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 643分 日没:  1705分 月出:  351分 月没:  1331分 月齢:  26.35 潮汐:  中潮 干支:  壬午 六曜:  友引 九星:  一白水星


今日のあれこれ: 雪見

「旅行 この冬行きたい!雪見風呂を堪能できる温泉地 【5選】」

https://youtu.be/yKpU4yGmV-k



『雪見: 雪見の宴、雪見船、雪見酒、雪見行、雪見笠、雪の友、雪の人

  晩冬

雪景色を愛でつつ、料亭、舟上などで酒宴などを催すこと。
花見、月見と同じように風流を楽しむ。』
(季語と歳時記)



雪見の俳句:


・利根添ひに憩ふ宿あり雪見酒  中島照夫


・炬燵あり雪見障子の欲しかりし  後藤比奈夫


・餅さげて雪見る人の来りけり  長谷川かな女


・道連のひとりもないが雪見哉  四睡


・恋めくや雪見障子を閉めてより  星野 椿




今年は大雪なので、雪は災害的なものとの印象が強い。
しかし、子どもや犬は雪の楽しさを知っている。
大人だって楽しむことは出来る。
雪国に住む人は別にして、たまに降る雪や旅の雪なら楽しいものだ。

雪見と言う季語には、雪を見て楽しむ宴の意味がある。
独りでも宴だが、できれば風流を解する人が集まり美酒を持ち寄って、酒談義・雪談義に時を過ごす方が、人生の過ごし方として趣味の良いものだ。

四睡は独りで雪見が出来る風流者だ。
だが、できれば、長谷川や星野のようにいい男といい女で雪見酒が一番よろしい。