2022年01月27日 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2022年01月
2022-01-27 (Thu)

2022/01/27 日記 煮凝り

2022/01/27 日記 煮凝り

2022/01/27 (木) 旧暦: 12月25日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 6時44分 日没:  17時02分 月出:  1時26分 月没:  11時54分 月齢:  24.35 潮汐:  長潮 干支:  庚辰 六曜:  赤口 九星:  八白土星 今日のあれこれ: 煮凝り 「食感ぷるっぷる☆ふぐの煮凝り【ふぐ料理】Jellied broth」 https://youtu.be/xJjfwk9wYMg 『煮凝(にこごり) 三冬 【子季語】  煮凍、...

… 続きを読む

2022/01/27 () 旧暦: 1225日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 644分 日没:  1702分 月出:  126分 月没:  1154分 月齢:  24.35 潮汐:  長潮 干支:  庚辰 六曜:  赤口 九星:  八白土星


今日のあれこれ: 煮凝り


「食感ぷるっぷる☆ふぐの煮凝り【ふぐ料理】Jellied broth

https://youtu.be/xJjfwk9wYMg



『煮凝(にこごり) 三冬

【子季語】
 煮凍、凝鮒
【解説】
煮魚をその煮汁とともに一晩置いて凝固させた料理。
 また、魚や野菜を煮汁と一緒に、寒天や食用ゼラチンで固めたものもいう。
 サメ・カレイ・ヒラメ・アンコウ・タイ・スッポン・コチなど、ゼラチン質を多く含む魚を用いる。』
(季語と歳時記)



煮凝の俳句:


・鰤のあらの煮凝りにある目玉かな   久世孝雄


・玲瓏と入江の鰈煮凝りぬ  水原秋櫻子


・良き家族よき友がゐて煮凝りぬ   中貞子


・鈴の緒に月明りして煮凝るよ  波多野爽波


・恋人や煮凝舌の上にあり   中島陽華


・仄聞は財ともならず煮凝れり   大場佳子




歳時記を見て、「煮凝り」が俳句に詠めるものなのかと思った。
 ところが探してみると、例句は465句も見つかった。

そんなにも詠めるのかと感心した。

煮凝りは魚の煮汁のゼラチン質が冷えて固まったものだ。
個人的には魚は骨まで愛しての方なので、煮凝りも好きだ。
しかし、俳句の「煮凝り」はどう詠むのだろう。

様々な例句があった。

1句は、写生でその儘、イメージが見えてくる。句としてどうかを置けば、判りやすい。

2句は、玲瓏の美しい言葉が使われているが、写生で鰈の煮凝りで間違いはない。

3句は、これは写生ではない。家族にも友にも恵まれて申し分ないのだが、絶対自由の観点から言えば、閉じ込められている自分が煮凝りか。

4句は、これは写生風だが、賽銭箱の上の鈴を鳴らす紐が月の光に照らされて煮凝るとは? わからない。

5句は、かなりわからない。煮凝っているのは恋人なのか舌なのか? 舌は恋人の舌なのか、自分の舌なのか?
自分の舌だとすると、恋の熱も冷め、固まってしまっていると言いたいのだろうか。

6句は、これは写生でもなくイメージでもなくわからない。自分の良い人の悪いうわさ話を耳にして、自分の心が固まったと言うのだろうか。いやわからない。


難しい例句を読んでみて、煮凝りについて465句も詠める俳人たちの句作力は想像を超えている事が解った。