2022年01月05日 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2022年01月
2022-01-05 (Wed)

2022/01/05 日記 初市

2022/01/05 日記 初市

2022/01/05 (水) 旧暦: 12月3日 祝日・節気・雑節・ 朔望:  小寒 日出: 6時51分 日没:  16時41分 月出:  9時07分 月没:  19時25分 月齢:  2.35 潮汐:  大潮 干支:  戊午 六曜:  友引 九星:  六白金星 今日のあれこれ: 初市 「東証“大発会”500円超値上がり 今年の日本経済の行方は?」 https://youtu.be/b4ipO2Gzy80 『初市(はついち) 新年 【子季語】  初市...

… 続きを読む

2022/01/05 () 旧暦: 123日 祝日・節気・雑節・ 朔望:  小寒 日出: 651分 日没:  1641分 月出:  907分 月没:  1925分 月齢:  2.35 潮汐:  大潮 干支:  戊午 六曜:  友引 九星:  六白金星


今日のあれこれ: 初市

「東証“大発会”500円超値上がり 今年の日本経済の行方は?」

https://youtu.be/b4ipO2Gzy80



『初市(はついち) 新年

【子季語】
 初市場、市始、初立会、初相場、初糶、大発会

【解説】
 新年に初めて立つ市のこと。昔は二日に魚市や野菜の市が立った。現在では魚河岸や青果市場で四日が初市となっている。
 東京証券取引所の初立会いは四日で大発会という。

【来歴】
 『俳諧手勝手』(文化7年、1810年)に所出。』
(季語と歳時記)



初市の俳句:


・初市に大物売れて大拍手   滝沢伊代次


・トロ箱を蟹の這ひ出る糶初め  福川悠子


・初市の鰤差上げて糶りにけり  霜天


・初市の祝儀値弾む瀬田蜆  斎藤朗笛


・初市の活気背負ひて帰りきし  神村睦代




正月三ケ日が終わり、世の中が動き始めた。
昨日は、東証の大発会が行われ、新年初の取引が行われ、500円高で終わった。終値で上げたのは最近珍しい事だそうだ。
明るい始まりで良かった。

今日は、鮪の初糶りが行われた。
例年話題の大間産の本鮪の糶りだが、今年は「すしざんまい」の木村社長は初糶り敗れ、落とせなかったそうだ。

「東京・豊洲市場 新春恒例マグロの「初競り」始まる(202215)

https://youtu.be/v8qjBRToKrA

今年は、時節柄極端なご祝儀相場は避けたのだろう。


初市・初糶りは威勢よくなければ、面白くない。
人が集まり、声を掛け合って、競り落とす。
その活気が明るい未来を感じさせてくれる。

神村の詠むように、皆を元気にしてくれるのが初市、初糶りなのだ。
 今年の未来は明るいのだろう。