2021年10月09日 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2021年10月
2021-10-09 (Sat)

2021/10/09 日記 苦瓜、ゴーヤー

2021/10/09 日記 苦瓜、ゴーヤー

2021/10/09 (土)  旧暦: 9月4日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 5時42分  日没: 17時14分  月出: 8時34分  月没: 19時07分  月齢: 2.66  潮汐: 中潮  干支: 庚寅  六曜: 赤口  九星: 四緑木星  今日のあれこれ: 苦瓜、ゴーヤー 「ゴーヤを収穫する目安/長雨でも豊富に育つ野菜 2021/7/24」 https://youtu.be/dFM-NnvT4S0 『苦瓜(にがうり) 仲秋 【子季語】  ...

… 続きを読む

2021/10/09 ()  旧暦: 94日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 542分  日没: 1714分  月出: 834分  月没: 1907分  月齢: 2.66  潮汐: 中潮  干支: 庚寅  六曜: 赤口  九星: 四緑木星 


今日のあれこれ: 苦瓜、ゴーヤー

「ゴーヤを収穫する目安/長雨でも豊富に育つ野菜 2021/7/24

https://youtu.be/dFM-NnvT4S0



『苦瓜(にがうり) 仲秋

【子季語】
 茘枝、蔓茘枝、ゴーヤ

【解説】
 ウリ科ニガウリ属の蔓性一年草。ゴーヤの名で親しまれている沖縄を代表する野菜。夏、胡瓜に似た黄色の花をつけ、秋、表面が 突起に覆われた緑色の実をつける。完熟しない実を採って食材と する。

【科学的見解】
ニガウリの標準和名は、ツルレイシであるが、ニガウリや沖縄言葉のゴーヤの方が良く知られている。本種は、熱帯アジア原産のつる性一年草である。近年では、健康志向で本種がよく食されており、品種改良も盛んで、色や形の異なる様々な品種が作出されている。(藤吉正明記)』
(季語と歳時記)




苦瓜の俳句:


・苦瓜にひと夏の影もらいけり  西村智治


・苦瓜のあだ花ばかりつけてのび  牧 貴子


・苦瓜(ゴーヤー)の終焉赤く染まりけり   田下宮子




店の野菜コーナーに行くと、苦瓜が並べられている。
地場のものなのでサイズは小さい。
沖縄のゴーヤーはもっと大きい。

苦瓜との出会いは沖縄の那覇市だった。
仕事の関係で那覇市に初めて住んだ時、右も左も何も分らない新参者を、近くの食堂の昼食に連れて行ってくれた。

出てきたのはゴーヤーチャンプルー。
沖縄料理の定番で、苦瓜、野菜、ポークランチョンミート、玉子を炒めたものだ。
 食べてみて驚いた。苦い!!
どうして苦いものを食べるのかと思った。

後で、それは大人の味だと解った。
この苦味が沖縄の暑い夏を乗り切る栄養素なのだった。

沖縄でも子供の頃は、矢張り苦いのでゴーヤーだけ取り除いて、食べたりするそうだが、大人になる過程で、いつかゴーヤーの美味しさに目覚めるそうだ。

本土に戻り、一軒家に住んでいた時、ゴーヤーを育てたことがある。
 西日の当たる壁が、夏になるとヒートアップする、手で触れないほど熱くなる。
 そのため、壁の前にゴーヤーを植えて、グリーンカーテンにしたのだ。効果はてきめん、壁の内部の座敷は涼しくなった。

グリーンカーテンの効果に加えて、ゴーヤーの実が良く生った。
 毎日、ゴーヤーチャンプルーを作っても食べ切れない。周りの人にお裾分けしたが、それでも余った。


苦瓜の句を読んでいると、この人は苦瓜を育てたことがあるとわかる句が散見された。
 その内3句を選んだ。

西村の句は、影の状況が判りにくいが、育てた経験があるからすぐ解った、グリーンカーテンのことだ。

牧の句は、連作障害のこと。
最初の年は、良く生る。2年目はあまり生らない。同じ場所に植えると連作障害になりやすい。土の入れ替え、施肥、摘芯に注意すれば良いのだが、不十分だと花は咲いても実はつかない。

田下の句。
ゴーヤーは、熟れると実が緑から黄色になり、そしてあまり日を置かず爆ぜる。実がパックリと割れ、中が見え、真っ赤な種が割れた口から見えるので、ゴーヤーが大口を開け、笑っている様に見える。
 赤い種と黄色い実のコントラストは、迫力充分で迫ってくるようだ。


久しぶりに、ゴーヤーチャンプルーを食べてみたくなった。