2021年10月08日 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2021年10月
2021-10-08 (Fri)

2021/10/08 日記 寒露

2021/10/08 日記 寒露

2021/10/08 (金)  旧暦: 9月3日  祝日・節気・雑節・朔望: 寒露  日出: 5時41分  日没: 17時15分  月出: 7時21分  月没: 18時29分  月齢: 1.66  潮汐: 大潮  干支: 己丑  六曜: 大安  九星: 五黄土星  今日のあれこれ: 寒露 「【暦とお絵かき】秋深まり、収穫祭!寒露」 https://youtu.be/Y0-ukaOOaHA 『寒露(かんろ)   晩秋 二十四節気のひとつ(十月八日頃)。 白...

… 続きを読む

2021/10/08 ()  旧暦: 93日  祝日・節気・雑節・朔望: 寒露  日出: 541分  日没: 1715分  月出: 721分  月没: 1829分  月齢: 1.66  潮汐: 大潮  干支: 己丑  六曜: 大安  九星: 五黄土星 


今日のあれこれ: 寒露

「【暦とお絵かき】秋深まり、収穫祭!寒露」

https://youtu.be/Y0-ukaOOaHA



『寒露(かんろ)

  晩秋

二十四節気のひとつ(十月八日頃)。
白露が露のはじまりであるのに対し、霜降(二十四節気のひとつ、)を控えた寒さに、露が 凍った状態。
かつて、霜は露が凍ったものと考えられていた。』
(季語と歳時記)



寒露の俳句:


・錆色に蓮田広がる寒露かな   古市枯声


・寒露過ぎスカイツリーの影延びて   岡野安雅


・熱き茶を旨しと思ふ寒露かな   飯田美千子




今日は二十四節気の寒露の日。
今年は、季節の進み方が定まらず、寒露の日だと言うのに、日中は太陽が熱く、残暑が続いている。
平年の気温よりかなり高い日が続いている。
最高気温は30度、最低気温は20度を切ることは殆ど無い。

中旬には急速に秋が深まり、秋らしくなるというがどうだろう。

昨日の夜、風呂から上がり、TVのニュースを見ていると、目眩がした。体の具合が悪いのかと一瞬思ったが、カーテンの裾が揺れている。目眩ではない地震だと思った。

かなり長い周期の揺れなので、近くではなく、遠くの地震だ、これだけ揺れれば、かなり大きな地震ではないかと不安が横切った。

すると、TVの画面にテロップが流れ、震源地は千葉、震度5強、マグニチュード6.1と書かれている、かなり強い地震だ。
 東京都内の様子が画面で映されている、山手線、新幹線は止まり、駅には人が溢れている、都内各地にはまだ人が多く歩いている。

最近、震度5レベルの地震が続いている。
今日の地震は深度が深く、東京直下型地震の関連性はないということだ。

人の世は、感染者が減少したとはいえコロナ禍の中にまだある。
 日本の歴史を振り返ると、疫病と天変地異は重なったことがある。
 コロナと異常気象は目の前にあり、地異はまだ無いが、富士山の噴火、東南海地震はいつ起きても不思議ではないと言われている。

悲観する必要はないが、万が一の備えはする必要があると思った。