2021年04月22日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2021年04月
2021-04-22 (Thu)

2021/04/22 日記 菜の花

2021/04/22 日記 菜の花

2021/04/22 (木)  旧暦: 3月11日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 4時59分  日没: 18時19分  月出: 12時42分  月没: 2時10分  月齢: 10.02  潮汐: 長潮  干支: 庚子  六曜: 先勝  九星: 七赤金星  今日のあれこれ: 菜の花 「【4K60P】和歌山 紀ノ川 中州 菜の花 群生 ドローン空撮 Aerial With Drone」 https://youtu.be/1Hs8soveAbs 『菜の花(なのはな)  晩...

… 続きを読む

2021/04/22 ()  旧暦: 311日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 459分  日没: 1819分  月出: 1242分  月没: 210分  月齢: 10.02  潮汐: 長潮  干支: 庚子  六曜: 先勝  九星: 七赤金星 


今日のあれこれ: 菜の花

「【4K60P】和歌山 紀ノ川 中州 菜の花 群生 ドローン空撮 Aerial With Drone


https://youtu.be/1Hs8soveAbs



『菜の花(なのはな)  晩春

子季語: 花菜、菜種の花、油菜
関連季語: 菜種蒔く、花菜漬 、菜種梅雨
解説: 菜種の黄色い花。一面に広がる黄色の菜の花畑は晩春の代表的な景色。
 近世、菜種油が灯明として用いられるようになってから、関西を中心に栽培されるようになった。花の莟は食用にもなる。
来歴: 『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
文学での言及: 菜の花畠に、入日薄れ、見わたす山の端、霞ふかし。 春風そよふく、空を見れば、夕月かかりて、にほひ淡し。 高野辰之『朧月夜』
実証的見解: 菜の花は、アブラナ科アブラナ属の二年生植物で、西アジア原産。日本では古くから野菜として、また油を採るため栽培されてきた。四月ころ茎の先に黄色い十字形の花を密集させるさせる。』
(季語と歳時記)



菜の花の俳句:


・菜の花を通り抜ければ城下かな  夏目漱石


・鈴振りふり遍路溺れる花菜の海  伊丹三樹彦


・瞑れば菜の花色に安房の空  石塚友二


・菜の花活く新妻ぶりの娘に見惚れ  安野良子


・夜の菜の花の匂ひ立つ君を帰さじ  中塚一碧樓




菜の花は背丈が短い頃から花を咲かせる。
大きくなるまで長く花を楽しむことはできる。
もう、盛りは過ぎたのだろうか。

菜の花の真骨頂は、一面の菜の花。
眼の範囲を超える広がり。
頭を180度、360度回さなけれな見渡せない菜の花明かり。

だから、菜の花一株、二株では菜の花らしくはない。
動画の河川敷では、菜の花たちが視界一面咲き乱れている。

菜の花は明るい。
例句を読んでも明るい。
5
句に絞るのに苦労した程だから、この5句は好きだ。

上の3句は、語る必要もない。

安野の句。
菜の花も明るいが、幸せ色の娘も輝いている、それを見ている母の心も菜の花明かりだ。


中塚一碧樓と言う俳人は知らなかった。
句を読んで面白いなと感じた。
名前の後に没年1946年と書かれている。
するとこの句は戦前の句になる。
時代を感じさせない句だ。

匂ひ立つのは菜の花か君か?
どちらも独り占めだと宣言している。

一面の菜の花を見に行かなくては...