2021年04月11日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2021年04月
2021-04-11 (Sun)

2021/04/11 日記 風光る

2021/04/11 日記 風光る

2021/04/11 (日)  旧暦: 2月30日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 5時14分  日没: 18時10分  月出: 5時02分  月没: 17時19分  月齢: 28.69  潮汐: 大潮  干支: 己丑  六曜: 先勝  九星: 五黄土星  今日のあれこれ: 風光る 「悠久の草原~阿蘇・あか牛放牧~」 https://youtu.be/lJcJAwo4QzM 『風光る(かぜひかる) 三春 【子季語】  光風 【解説】  春風が...

… 続きを読む

2021/04/11 ()  旧暦: 230日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 514分  日没: 1810分  月出: 502分  月没: 1719分  月齢: 28.69  潮汐: 大潮  干支: 己丑  六曜: 先勝  九星: 五黄土星 


今日のあれこれ: 風光る

「悠久の草原~阿蘇・あか牛放牧~」


https://youtu.be/lJcJAwo4QzM



『風光る(かぜひかる) 三春

【子季語】
 光風

【解説】
 春風がきらきらと光り輝くように感じられることをいう。陽光の踊るような明るさに、風にゆらぐ景色もまばゆい。春の到来のよろこびや希望を、吹く風に託した言葉。

【来歴】
 『俳諧手挑灯』(延享2年、1745年)に所出。

(季語と歳時記)



風光るの俳句:


・牛放つ千里のうねり風光る   矢野百合子


・海峡に数多の小舟風光る   松田洋子


・漁船追ふ鴎数百風光る   和田一


・塩田の塩の真白に風光る   清水美恵


・休み田の澄みたる水に風光る  新井フミ


・堰二つ音をたがへて風光る   宇都宮敦子


・歌舞伎座の大屋根高し風光る   三輪慶子


・教会の十字架の塔風光る   大橋晄




季語「風光るは」人気のある季語で、多くの句が詠まれている。
 一度に読み通すことはできないほどの量だ。

例句を読んでいる内に、不思議な季語だと思った。
敢えて言えば、おかしな表現だ、黄砂や台風なら風が目に見えることもあるかも知れない。しかし、風が光って見えることはないはずだ。
 風は無色透明、光る訳はない。

これは屁理屈のレベルだ。
「風光る」は文学的な表現なので、科学の話ではない。
しかも、その効果が素晴らしい言葉なのだ。

目に見えるものの後に「風光る」を付け加えれば、その侭絵になってしまう魔法の言葉だ。

例句としてあげた9句は、そのようなレベルの句ではない
事は、誤解なきよう明確に申し上げる。

光に満ちた爽やかな風の吹く光景が目に浮かぶのだから。





2021-04-11 (Sun)

2021/04/11 ブログ背景画像をチューリップに変更した

2021/04/11 ブログ背景画像をチューリップに変更した

今年は花の開花が早い。 辛夷、白木蓮、梅、桜と進んできたが、花を盛りに見ない間に終わってしまったような気がする。   チューリップは、見逃さないように、木曽三川公園とフラワーパーク江南に見に行った。  木曽三川は盛りを少し過ぎた印象だったが、江南は間に合った。 チューリップは、子供の頃から親しんだ花だ。 子供の頃のチューリップは、色は赤、黄色、オレンジ色、形は上がすぼまったワイングラスのようなも...

… 続きを読む


今年は花の開花が早い。
辛夷、白木蓮、梅、桜と進んできたが、花を盛りに見ない間に終わってしまったような気がする。
 
チューリップは、見逃さないように、木曽三川公園とフラワーパーク江南に見に行った。
 木曽三川は盛りを少し過ぎた印象だったが、江南は間に合った。

チューリップは、子供の頃から親しんだ花だ。
子供の頃のチューリップは、色は赤、黄色、オレンジ色、形は上がすぼまったワイングラスのようなものだった。

今の花は、昔、学校の花壇に植えられていたシンプルなチューリップとは、色も形も違う。

色も単色ではなく、多色になり、形もワイングラス型ではなく、薔薇や石楠花のように見えるものもある、花びらも一重ではなく、八重のものもある。

これがチューリップ?

と思うが、これが今のチューリップ。

8
種類のチューリップを候補に選んだが、一つに絞るのが難しかった。

他の7つのチューリップは私は?と言っているかも知れない。

この花は、一重咲きの「ビューティートレンド」