2021年04月02日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2021年04月
2021-04-02 (Fri)

2021/04/02 日記 花影

2021/04/02 日記 花影

2021/04/02 (金)  旧暦: 2月21日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 5時26分  日没: 18時03分  月出: 23時26分  月没: 8時25分  月齢: 19.69  潮汐: 中潮  干支: 庚辰  六曜: 仏滅  九星: 五黄土星  今日のあれこれ: 花影(かえい、はなかげ) 「桜の花が舞う信州の春・4K撮影」 https://youtu.be/NVaCKfH49H4 『花影(かえい) 詩歌などの中で、ただ「花」と書かれる場...

… 続きを読む

2021/04/02 ()  旧暦: 221日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 526分  日没: 1803分  月出: 2326分  月没: 825分  月齢: 19.69  潮汐: 中潮  干支: 庚辰  六曜: 仏滅  九星: 五黄土星 


今日のあれこれ: 花影(かえい、はなかげ)

「桜の花が舞う信州の春・4K撮影」


https://youtu.be/NVaCKfH49H4



花影(かえい)

詩歌などの中で、ただ「花」と書かれる場合は「桜の花」を指しています。 つまり、花影は「桜の花の影」のこと。満開の桜花の落とす陰影に、華やかさと寂しさの両方を発見した、いかにも日本人らしい余韻のある言葉です。

(暮しの中の季語
https://www.cleansui.com/club/web/cleansui_column/201204/index.html
より転載)



花影の俳句:


・花影をはんなり流す高瀬川   雨宮しをん


・まぼろしのごとき花影水にあり   三枝かずを


・花影に入り今生のうつくしき  西井琴子




桜の木に木陰ができるのは、若葉が広がり、その下を通ると桜餅のような甘い香りがする時だ。
 若葉は夏に向かい濃さを増し、秋が深まるに連れ紅葉し、やがて枯れて散ると桜は黒いシルエットが残るだけだ。
 枝に近づいてよく見ると、次の春のために準備された芽は見ることができる。

春になり、桜の木に影ができる刻がやってくる。
それは満開の刻だ。
 先競う花が枝をびっしりと取り囲み、もう花の咲く空間は無いように見えるが、開花を待つ花の蕾は咲き場所を探して伸びている。
 それは、骨についた筋肉のような逞しさを感じさせる。

満開の桜の下には死体があるのではなく、あるのはただ花の影で、それは美しく艶やかな影だ。

花も美しいが影も美しいのは、桜なればこそ。