2021年03月02日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › Archive - 2021年03月
2021-03-02 (Tue)

2021/03/02 日記 雛あられ

2021/03/02 日記 雛あられ

2021/03/02 (火)  旧暦: 1月19日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 6時09分  日没: 17時36分  月出: 20時55分  月没: 8時00分  月齢: 18.33  潮汐: 中潮  干支: 己酉  六曜: 先勝  九星: 一白水星  今日のあれこれ: 雛あられ 「ひなあられ製造過程 煎り上げる作業」 https://youtu.be/koEaF8tzd-c 『雛あられ(ひなあられ)  仲春 【子季語】  豆炒、雛菓子 【解...

… 続きを読む

2021/03/02 ()  旧暦: 119日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 609分  日没: 1736分  月出: 2055分  月没: 800分  月齢: 18.33  潮汐: 中潮  干支: 己酉  六曜: 先勝  九星: 一白水星 


今日のあれこれ: 雛あられ

「ひなあられ製造過程 煎り上げる作業」


https://youtu.be/koEaF8tzd-c



『雛あられ(ひなあられ)  仲春

【子季語】
 豆炒、雛菓子
【解説】
 三月三日の桃の節句に供えるあられ菓子のこと。
蒸したもち米を十分に乾燥させ、それを炒って作る。甘味をほどこし桃、緑、黄などの色つける。』
(季語と歳時記)



雛あられの俳句:


・手のひらに色を遊ばせ雛あられ  上野章子


・うす紅は美しき色雛あられ   中島和昭


・菜の花の黄をまじへけり雛あられ  久保田万太郎


・雨の日の抹茶一服雛あられ   池田いつ子


・遠き日を掌に充たしつつ雛あられ  柿沼喜美子




明日は、ひな祭。
日本の可愛い女の子のお祭り。

ひな壇にお雛様を並べ、きらびやかな世界を創り出し、女の子の健やかな成長を祝い・願う祭り。
 他の国に同じ様なお祭りがあるのか知らないが、日本では昔から行われてきた由緒のあるお祭りだ。

今日はひな壇もでき、供える菱餅や雛あられも飾られていることだろう。

今は、お菓子は世界のお菓子が手に入り、美味しいお菓子は数え切れないほどある。
 だが、ひな壇を背景にして、飾られる雛あられの美しさは魅力満点だ。

色合いが淡く上品で、軽い雛あられは味の濃さとか甘さとか主張のある味ではなく、ふんわりとした夢のような軽やかさが魅力だ。

勿論、女の子のためのものだが、昔女の子だった人も楽しんでいけないことはない。

今日は、雨も降ったり、風も嵐のようだったりしたから、外にも出られなかった。
 子は嫁してしまった昔の女の子も、抹茶や紅茶やコーヒーなど好きな飲物と雛あられを頂いた人も多かったはずだ。
 今では遠い記憶になってしまったひな祭は、今年も来年もそのまた次の年も心を豊かにしてくれるだろう。